hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
ギリシャワインがやってくる!
今週のhanawineはギリシャ・ウィーク
バーカウンターでは、6種類のギリシャワインをご用意しております。
(各1本づつしかございません。なくなり次第終了となります)

b0082744_18281198.jpg

しかしなぜ、いまギリシャなのか。
「ギリシャって、あの松脂の入ったワインでしょ・・・。」
そう思われる方が多いかもしれませんが、違うんです。
いま、ギリシャのワインがすごく面白いことになってるんです。

ポイントは、

●フィロキセラ禍にみまわれなかった土地では、古代からの固有品種のブドウが今なお栽培されている。
●ブドウは驚くほど樹齢が高く、強風から守るために、地上低くにヘビのとぐろ状に仕立てられ、もちろん有機栽培が貫かれている。
●世界各地で醸造学を学んだ若者がギリシャに戻り、国内市場の成熟、適切な設備投資も手伝って、小規模な高品質志向型のワイナリーが増えてきている。


こんなところでしょうか。
フランス・パリでもギリシャレストラン、ギリシャワインが流行っているらしく、パリ屈指の人気ビストロ・ワイン・バー「バラタン」でも、グラスで3種類のワインが紹介されているとか。

そして、そんなギリシャワインに目をつけたのが、インポーターのRacines(ラシーヌ)。ホームページではギリシャワインに関する現地情報が、たっぷり掲載されていますので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。
ギリシャワインについて(ラシーヌ)

さらに、あの大橋健一さんも、これからはギリシャワインに注目しているのだとか・・。

ちなみに6種類のワインですが、ブドウ品種はアッシルティコ、ヴロスティリディ、マヴロダフニ、ラムニスタ・・・と、舌を噛みそうなものばかり。まだ見ぬ未知の世界のワイン、好奇心をくすぐりますねえ。ワイン観が揺さぶられること、間違いありません。

ギリシャワインのいまを、この目で目撃してみませんか。
ご来店、心よりお待ちしております。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-07-27 18:32 | 新着レポート