hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
【ルー・デュモン】仲田晃司さん、来たる!
2009年11月8日の日曜日、天気は快晴。
今日は、ブルゴーニュのジュヴレイ・シャンベルタン村から一時帰国していた、仲田晃司さん(メゾン・ルー・デュモン)をhanawineにお迎えしての、ワインテイスティングセミナー。

b0082744_1741583.jpg

先ほど会は無事終了したのですが、なんというかまだ身体が火照っていて、興奮冷めやらず、といった様子です。

b0082744_17474947.jpg

仲田晃司さんがなぜワインづくりを目指すようになったのか、そしてフランスでの修業時代のお話、またルー・デュモンの名前の由来や、漫画「神の雫」での小ネタなど、お話はつきません。

b0082744_1748382.jpg

参加されたお客様の、少々マニアックな質問にも真摯に、分かりやすく答えてくださる仲田晃司さん。ワインは人なり、とはよく言われますが、実際にお会いしてみてますます、その思いを強くしました。

「天地人というラベルを使っていますが、なかでも“人”がもっとも大事です。」
「造る人、売る人、そしてそれを飲んでくださる人。すべての人に感謝したい。」

「人」についての話になると、がぜん熱を帯びる仲田晃司さん。
「造り手で尊敬する人はいますか?」との質問には、
「とにかくワインにかける情熱がすごい人。スタイルはそれぞれ違いますが、根底にある想いは一緒です。」
目指すワインのスタイルとしては、エレガントな薄旨系、シャンボール・ミュジニー村のユドロ・バイエとのこと。

b0082744_17485171.jpg

どちらかというと寡黙なイメージの仲田晃司さん。目の前にある6種類のワインがブルゴーニュの風土を、そして仲田晃司さんの人柄を、雄弁に物語ってくれます。

あっという間に時間が過ぎてゆくなか、各ヴィンテージの違いや熟成についての技術的なお話から、アンリ・ジャイエがから揚げと出し巻き卵を気に入っていたこと、また今後の仲田晃司さんの夢なども語ってくださり、とても二時間では収まりきらない濃密なテイスティングセミナーとなりました。

b0082744_17491158.jpg

今度はぜひブルゴーニュ!?で再会できることを夢見つつ・・。
まずは11月19日に解禁、

仲田晃司さんのボジョレー・ヌーヴォー

が楽しみです!!
ご参加いただいた方々、ありがとうございました。

今回ご参加いただいたお客様で、当日の様子を詳細にレポートしてくださった方がいます。
ありがとうございます!!

pontaの広島ごきげん日記さん
カヌレのおいしい部屋さん
美味しい♪嬉しい♪幸せな日(広島・備忘記録)さん
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-11-08 17:45