hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
ボルドーワインが飲みたくなるとき
大ぶりのワイングラスがよく似合う、黒みを帯びた深紅の液体。
トロリとした粘性を感じさせ、香ばしく、渋みとほろ苦さとコクを備えた、ワインの女王様とも称される
ボルドーの赤ワイン

「いや、むしろワインの王じゃないか?力強いんだから。」という向きもありますが、内に秘めたる芯の強さともいうべき味わいは、やはり女王様のような気がします。凛とした気品があって、静謐な佇まいがあって、あくまでも健気でお淑やか。

まあ、王でも女王でもどちらでもいいのですが。何か嬉しいことがあったとき、ちょっと落ち込んだとき、あるいは心機一転したいとき、そして誰かと、とっておきの食事をゆっくりと楽しみたいとき。ふと飲みたくなるのは、ボルドーの赤ワイン

1,000円前後のカジュアルボルドーではやや物足りなく、かといって1万円以上もするグランヴァンは高嶺の花。そんなときにお薦めなのが、3,000円から5,000円くらいの、実力ある中堅シャトーのワイン。じっくりと探せば飲みごろのものだって、市場にはたくさん残っています。

b0082744_19203891.jpg

今回ご紹介したいのは、サンジュリアンの3級格付けシャトー、あのサントリーが買収して以来メキメキと品質をあげてきたシャトー・ラグランジュのセカンドワイン、レ・フィエフ・ド・ラグランジュ。しかもヴィンテージは2001年、ほど良く練れていて、香りも開き始め、粒子の細かいタンニンが絶妙の間合いで散りばめられた、今がもっとも飲みごろのボルドーワイン

しっかりと定温管理されたボルドーの赤ワインには、活き活きとした風味が感じられ、後味のスルリとした抜けの良さが感じられます。これぞファイン・ボルドー。ボルドー好きの方にはもちろん、そうでない方にもぜひ楽しんでいただきたい、今飲むべきボルドーワイン

b0082744_1922665.jpg

さらに、玄人好みのする実力派シャトー、ポタンサックの1993年もセラーでゆっくりと時を刻んでいます。こちらも先日飲む機会があったのですが、まだまだ強い酒躯を保ちながらも、すでに香りは様々な化学変化を経て、まさに官能的というべき、妖しげな魅力を解き放っていました。

4,999円のレ・フィエフ・ド・ラグランジュ2001と、2,980円のシャトー・ポタンサック1993
あなたはどんなときに、ボルドーワインが飲みたくなりますか?

hanawineでは宅配も承っております。広島旧市内で3,000円以上から。
どうぞお気軽にご利用ください!

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-05-31 19:40 | 新着レポート