hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
「グラス一杯のワインで地球がかわります。」金井醸造篇
b0082744_17285762.jpg

ココのワインは時折うちのショップでも扱っているワイン。
たしか、3年前に行われたルネッサンス・ド・アペラシオンにも出品されていて
ずっと気になっているワイナリーで・・・
ワインは
小布施さんとも、次回ご案内する四恩さんとも当然異なる
凝縮感とは反対の、とてもしなやかでクリーンな味わい。
やはりここもほぼ一人でやってらっしゃって
いつも品切れ状態、手に入ったなら幸運なワインです。
力強いワインばかり飲まれている方には
物足りなく思うことがあるのでしょうが・・・
(僕も最初はそうでした。)
ある時から、こんなワインこそが
日常的に、そばにあって欲しいワインのスタイルだと思うようになりました。
(口に含むと何か食べたくなるようなワイン)

去年、ロワールの新井さんのことろにお邪魔したときに
「畑をみれば、美味しいワインを作っているところかそうでないかすぐわかる」
と言われたのですが、金井さんの畑を見て下さい。
どうですか?こんなところにいるとストレス感じませんよ。
生態系といっても決して大げさではありません。

金井さんも、真剣に日本で農業に関わることとは?
日本で美味しいワインを作り続けるためには?
そもそも、美味しいワインってなんなのよ!?
内省と遡行を繰り返しながらあるべきスタイルを追求されています。

ともかくもここには除草剤も撒かれることなく
土はふかふかでいい匂い。
タンポポもシロツメグサも咲き乱れ
てんとう虫を簡単にみつけることができ
農薬を使った畑には、近寄らない鳥たちもえさを求めて立ち寄る場所。

そこからとれる葡萄は、健全で力強く、
金井さんによると、もう葡萄の香りを嗅いだだけですぐわかるそう。
そして力強い葡萄には、SO2の添加も微量ですみ
そんな葡萄で出来たワインは、まさに”生きている”ワイン。
身体が水分を求めるように、スルッスルッと飲めるワイン。
オー・ド・ヴィ(命の水)と呼びたくなる飲み物。

美味しいワインを追求すると、美味しい葡萄を求めることになり、
美味しい葡萄を求めることは、健全な農業を前提とする、
このような困難な循環の中、美味しいワインを作りたい一心で
ワイン作りに取り組んでいる造り手に、
実際にお会いできたことが嬉しく思えるとともに
それがとても大変なこともわかり、
無邪気に美味しいとか美味しくないとかいえないな、
と思ったのでした。(ココのワインはおいしいですよ。)
少なくとも、何故美味しいのかくらいはお伝えできないといけませんね。
頑張りますよ。
とにかく、
金井さんの畑からは”生き生きとして肯定的な気持ちのよいオーラ”を
ビンビンに感じれました。
写真から伝わればいいんだけど・・・



b0082744_17275634.gif

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2008-05-30 23:38 | その他