hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:未分類( 94 )


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

わん博=ワインとブルースのコール&レスポンス
b0082744_13391258.jpg

ブルースとワインはとても似ている!?
シンプルな構成なのに、その構造のなかに人、土、気候、感情,etcいろんな要素が入り込んで最終的に出来上がるものが、人の心を揺さぶるような特別なものになるところ。
単純な言葉」をシンガーとリスナーがコール&レスポンスでやり取りすると不思議な高揚感と楽しい気持ちが湧き上がってくる。
b0082744_13402353.jpg

「楽曲がいいから」、「優れた歌い手だから」、「オーディエンスが最高だから」、
「良いワインだから」、「ソムリエの優れたサービスによって」、「楽しい仲間と飲むとやけに美味しい」
b0082744_13444266.jpg
b0082744_1345586.jpg

残念ながらイベントは常にいいものになるとは限らなくて、いつも何か心残りはあるのですが、「わん博は大成功!」。なによりお客様から「よかった」「よかった」と何回も言われるもんで本当によかったんだろうなと安心しています。

120名のお客様がこられて100本以上のワインを抜いていました。安旨ワインじゃありませんよ。9社のインポーターのワインの中からhanawineの愛するワインばかりを集めたのです。我々スタッフも隙をみてはテイスティングしながらのワインパーティーでした。どれを飲んでも旨いんで困ってしまいました。お客様にオススメするのも楽しい、楽しい!だって大好きなワインばかりだから。(hanawineの一年分の営業をしたみたい
b0082744_134624100.jpg

ワインをこんなスタイルで多くの人と共有するように飲むのが僕の理想です。馬鹿高いワインを数名の特権的な人たちが独占するように飲むことは僕の趣味ではありません。

ジョンレノン風に言えば「Wine to the People」(ワインを我らに)です。
b0082744_1348927.jpg

美味しいワインと、美味しい食事、そして音楽で溢れた空間こそが僕らの生き生きとした生活の力となると考えます。そんなワイン愛好家が増えて一緒にワインを飲めるといいな。

来年もやりたいので6年目のhanawineを宜しくお願いします。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-10-29 13:50
イタリアワインセミナー@11.4(木)
b0082744_14214144.jpg

毎回、盛況頂いているイタリアワインセミナーもいよいよ終盤。次回、11月4日(木)は『トスカーナ』編を迎えました。
テーマは『トスカーナのモダンとクラシック』
イタリアワインを代表する赤ワイン『キャンティ』。イタリアワインをあまり知らないという方でもこの名前を聞いたことがあるのでは? 今回は伝統的な造りをする生産者のものをチョイス。これが昔のトスカーナらしさ、を感じるワイン。とすれば、次の2本はモダンなトスカーナワイン。
ひとつはボルゲリという、近年名声を挙げている沿岸地区のワイン。濃い色調にガツンとした果実味と上品なタンニンが特徴的で、造りとしてはボルドーワインを感じる部分も。
そしてトスカーナ高級ワインの代表格・ブルネッロ
サンジョベーゼというイタリアブドウを代表するブドウ品種の亜種を使い、長い熟成にも耐えうる長熟で骨太な赤ワインを産み出しています。スーパートスカーナ(DOCGなどの、ワインの階級制度にとらわれず造られる高級ワイン)という言葉が産まれる程、トスカーナのワインは多種多用。これらを飲み比べて、その今昔を感じてみてください。
白1本はラツィオ州を代表する白ワイン『エスト!エスト!エスト!』をご用意。美味しいワインがココに、エスト!(ある!という意味)という名前に違わす、コスパに優れた白ワインです。

今回の料理はトスカーナのワインに合わせて、郷土料理を2種ご用意。
鶏レバーのパテと豆のラグー
『豆食い』とよばれる程、豆料理を食べるトスカーナ人。『豆のラグー(煮込み)』は、どんな料理の添え物としても使われるし、野菜料理のメインをはれるほどの味とボリューム。そして、ワインのアテの定番『鶏レバーのパテ』。貧しかった時代、豆やジャガイモ、鶏のレバーなど安価な食材をどのようにして美味しく食すかを考えて作り出したマンマの味。そのバリエーションの豊富さと、シンプルな味わいに込められた歴史を感じてみてください。ワインとの相性は間違いないハズです。
ご参加お待ちしています。

【イタリアワインセミナー】
日時 11月4日(木)19:00〜(90分)
会費 ¥4,500
場所 hanawine

ご予約、お問合せはhanawineまで 082-222-6687
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-10-27 14:23
新着商品のご案内
すっかり寒くなってきたこの季節…
hanawineでは今月末(10/31)まで、全商品10%オフ(国産ワイン・ワインセット商品を除く)のセールを行なっていますので、この機会にワインをお買い求めください。お得です!!
そして店内のラインナップも秋模様に合わせて、少し衣替え。

セール対象外ですが、四恩醸造の小林剛士さん(通称:ツヨポン)のワインが入荷してきました!!
b0082744_21295791.jpg

上の写真は今年の2月に彼を迎えて催させて頂いたメーカーズディナーでの模様。
『ワインは楽しむためにあるのだから…』と、自然体で明るいキャラクターで語る造り手。彼のワインがブルゴーニュのワインなど、何かを指針としてそれを目指すのではなく、日本の土壌や風土、または食生活などにあったワイン造りをしているのがしみじみと教えられました。
そんな四恩さんから、2009年の白(橙)と赤の『窓辺』が届きました。
b0082744_21344946.jpg

四恩醸造  『窓辺』(橙)2009 ¥1,785
ブドウ品種:甲州
とにかく飲み飽きない。とにかく料理の邪魔をしないワイン。黄金がかった色合いはブドウのエキス分をたっぷりと含んだ豊かな味わい。口当たりが柔らかく、まろみのある酸が特徴。

四恩醸造  『窓辺』窓辺(赤)2009 ¥1,785
ブドウ品種:カベルネ・ソーウ゛ィニヨン、メルロー
樽で数ヶ月熟成させた、チャーミングなベリー系の香りとバニラのニュアンスが共存したバランスのよい赤ワイン。酸味もしっかりとあり、色合いはやや薄めながらフレッシュでピュアな果実味が。

そして、イタリア・トスカーナからはオリーブオイルとグラッパがカウンターに登場。
b0082744_21351993.jpg

LE GERLA エクストラ・バージン・オイル
まるでヴィネグレットソースのような濃厚な香味。これだけでサラダのドレッシングになってしまいそうな強いオリーブの香りが特徴的。トゲのない、まろやかな口当たりで、ストレス無く喉を通ります。
LE GERLA グラッパ
ブワッと鼻を覆う強いアルコール香のあとに、鼻腔に甘く残るバニラのような樽の香り…。口に含むと、グッと舌をつかむ強い刺激、その後に続く余韻は葉巻のように長く香りが漂います。

その他にも、新着商品がイロイロ!!
どうぞ、お得なセール期間中にお立ち寄りくださいませ。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-10-25 21:36
hanawine、年に一度のランチタイム@フードフェスタ気分
今年で6回目を迎える、広島の食の祭典「ひろしまフードフェスティバル2010」
来週10月30(土)、31(日)の二日間開催されるのですが、hanawineは特別に日曜日も営業(12:00〜17:00)いたします!!
ぜひ、お立ち寄りください。

さらに、ひろしまフードフェスティバル仕様の特別メニューもご用意。
hanawineでは年に一度っきりとなる、ランチセットもあります。
b0082744_13361971.jpg

【特別パスタメニュー】
☆秋刀魚と水菜のペペロンチーノ サルデーニャ産カラスミをかけて
秋を感じる一皿。秋刀魚のふっくらした身とシャキッとした水菜の食感…コクのあるカラスミの塩気が白ワインをすすめます。
☆広島産カキと三良坂モッツァレラのトマトソースパスタ

広島の食材をふんだんにつかった、ご当地パスタ。海のミルクと山のミルクの見事な競演を果たしています。

【ランチセット】
☆前菜の3種盛合せ+パスタ一皿 1,300円
前菜は音戸ちりめんのキッシュ、広島野菜のラタトゥイユなどを。パスタは上記の2種類のなかからおひとつお選びいただけます。

他にも、単品メニューのご用意もございます。バーニャカウダ、鶏レバーのパテ、幻霜ポークの猟師風トマト煮込みなどなど。ワインのアテにぴったりのおつまみをいつもより少なめ、お値段控えめな価格でご用意。ランチでなくても、ちょっと一品とワイン一杯…といった感じでお立ち寄りください。

もちろんワインも充実のラインナップ、定番の旨安ワインからちょっと特別なレアワインまでいろいろ。
さらに、カップワインもリーズナブルな価格で用意して、皆様に歩きながらワインを楽しんでもらおうと思います。

ひろしまの旬をまるごと食べ尽くし、食で笑い、食で学ぶ二日間。
ひろしまフードフェスティバルへお越しの際には、ぜひふらりとhanawineへ。
ご来店心よりお待ちしております。

【hanawine特別ランチ営業のお知らせ】

10月30日(土)12:00〜16:00(オーダーストップ) 17:00より、夜の営業に入ります(22:00まで)。
10月31日(日)12:00〜16:00(オーダーストップ) 17:00閉店。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-10-21 13:38
第2回 マリアージュセミナー【フランス・ボルドー篇】@10.14
料理とワインの相性を体感できる『幸福のマリアージュセミナー』。
前回のブルゴーニュ編では、鴨肉のスモーク、エポワス(ブルゴーニュ地方で造られるウォッシュチーズ)などを合わせて、その組み合わせによってワインがどう変化するかを楽しみました。芳ばしく香る燻製香に桜色の肉身が、ピノ・ノワールと見事にマッチ。単体では見えなかったワインの輪郭が、鴨の脂と反応して舌の上に現れてくるんです。これこそワインと食事の醍醐味ですね。
さて、次のマリアージュセミナーはフランス・ボルドー編
ボルドーはブルゴーニュと違い海に面した海洋性気候で、単一品種ではなく2~3種のブドウをブレンドして造るのが特徴。赤は色が濃く、タンニンが豊富で力強いものが多いです。今回のセミナーでテイスティングするのはコチラ…
b0082744_1922519.jpg

レ・ザルム・ド・ラグランジュ2008
ルネッサンス・ド・ボルドー2008
CHレ・ゾルム・ド・ペズ1999


ボルドーの郷土料理は幅広く、牡蠣などの海の幸や煮込みの肉料理など様々。その中で、今回はどんな料理を提案しようか迷いました。あえて、料理のふり幅を広くしてワインと料理がどのように合うのか、合わないとはどんな状態なのか、何故なのか。その一端を垣間見えればと思います。
今回の料理はこうです↓↓↓
海の幸のサラダ
牛肉の煮込み
ロックフォール


ボルドー、ブルゴーニュ、トスカーナ、ピエモンテ、何故ワインの名産地は料理も美味しいのか?
料理が先か、ワインが先なのか?考えても解けない謎が美味しさの中にあるのですね。
ワインの楽しさが再確認できるセミナーです。ご参加お待ちしています。

【幸福のマリアージュセミナー・第2回フランス・ボルドー編】
日時 10月14日(木)19:00〜(90分)
会費 4,800円
定員 12名
内容 毎回テーマにそったワインとそれに合わせた料理3品(ワンプレート)をご用意。ソムリエによる分かりやすいレクチャーでワインを気軽に勉強しましょう。

ご予約・お問合せはhanawineまで… tel/082-222-6687
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-10-08 19:20
10月17日(日)はワン博の日!!
hanawineが愛する、100種のワイン博覧会。
そうです。ワイン博覧会、略して、『ワン博』!!
b0082744_032220.jpg


優良インポーターが9社集結して、ヴァン・ナチュール(自然派)ワインを中心に100種のワインを一堂に集めた体感型のワインパーティ。
今会の特筆すべき点は、100種のワイン+各インポーターの担当者が来訪し、そのワインの魅力について語ります。
より詳細で、より深い解説により、さらに深くワインのバックグランドに皆様にお答えできると思います。
『今飲んでいるワインは何故こうゆう味になったのか?』『どういう造り方でこういったワインになったのか?』『こんなワインを造る生産者の思想とは?』…直接、生産者と話したインポーターさん達の話を聞いてみると、飲んでいるワインにとても親近感が湧いてきます。
ワインはフランス、イタリアを中心に様々な産地のものをセレクト。一度に意識的に楽しむことができるので、ワインをアカデミックに知りたい方にもオススメ。
もちろん、料理もご用意。グランカフェ特製のナチュラル野菜を使った料理をビュッフェスタイルで、ワイン同様、お腹いっぱい楽しめます!!
なのに、価格はググッと控えめ!! ワイン、料理があって3,800円!! 
参加者がおおければ音楽LIVEもできるので皆さんのご参加をお待ちしています。!!
リラックスしてワインを楽しむ喜びを一緒に分かち合いませんか?
ご参加心よりお待ちしています。

【ワン博】INFORMATION

日時:10月17日(日) 18:00〜(21:00受付終了、21:30クローズ予定)
場所:GRAND CAFÉ(広島市中区上八丁掘4-1)
会費:3,800円(ワインテイスティングとビュッフェ形式での食事付き)
定員:限定100名様

協賛インポーター 全9社(あいうえお順)
ヴァンクール/ウ゛ィナイオータ/ウ゛ォルテックス/コスモジュン/W/ディオニー
/テラヴェール/乃村ユニソン/ラシーヌ
※ ディオニー、ラシーヌは商品のみの協賛です。担当者は来訪しません。
※ 量に限りがございます。商品売り切れの場合はご容赦ください。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-10-05 00:35
スーパーハッピー【hanacoco会】
秋を感じる今日この頃。先日、hanawineは周年を迎えました。5歳になりました。これもひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます。
b0082744_17443983.jpg

そのお祝い、という訳でもないんですが、僕らの大好きな地蔵通りのフレンチ・Lecocoさんにて、ワイン会を催させて頂きました。リストに並ぶワインは僕らが“”飲みたいワインばかり。それがテーマ(笑)。そこに、野菜あり魚あり肉ありと、浅田シェフが作るビストロスタイルの大皿に盛られた料理が、ワインに花を添えます。一部ですが、料理の紹介を。

青野菜とシーフードのサラダ。
オクラ、八角豆、アスパラなどの食感の多彩な野菜にミネラルたっぷり貝の旨味。
大岡さんのLe canon・ロゼとまずは口を癒して。
b0082744_17452985.jpg

えびす鯛のパイ包み。
しっとりした魚の身を包んだ、パリッと食感の柔らかな甘みのパイ。
大好きなシャソルネのボーヌ・ブランで、ペロリと一口で。
b0082744_17455825.jpg

豚のパテ。
ティエリー・ピュズラのトップキュベ・グラヴォットで合わせて。
スモーキーな香りと優しい酸味が豚の脂、スパイスと見事にドッキング。
b0082744_17464484.jpg

和牛のソテー。
豚の脂と、牛の脂は別物。コチラはシャンボル・ミュジニーで。
う〜ん。心地良く舌に広がる肉の旨味に、赤ワインの香味、酸、タンニンの小気味良いステップでまるでワルツを踊るかのような味わいマリアージュ。
b0082744_17473587.jpg

途中、ピノ・ノアール飲み比べやムルソーを懸けたビンゴゲーム、ワインにまつわるエトセトラ話などなど…いろいろありながら、一番の実感としてあるのは“ワインの心地よい酔い心地”
『料理ホントに美味しいです!!』『このワインもビックリするくらい美味しいね〜』
b0082744_18133340.jpg

酔ってるから分からなくなってる訳ではなく(笑)、心のこもったワインに、心のこもった料理。その相乗効果が楽しい会話を産むのだと思います。
これからも皆さんの食卓にワインを。笑顔になって頂けるようなワインをお届けしたいと思います。
hanawineは今日から6年目。これからもよろしくお願いします。
そして、ご参加の皆様、ルココの浅田シェフ、サービスの菅さん、ありがとうございました。
最後に顔出しOKの皆さんと写真をパチリっ!浅田シェフ!笑顔、笑顔(笑)。
また来年も機会がありましたら、よろしくお願いします。
b0082744_17593794.jpg

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-09-28 11:04
遂に登場!『ピエモンテ』@10/7(木)
b0082744_1628163.jpg

ようやく秋めいてきましたね。ワインを楽しむのにぴったりの夜の気候。
さてさてhanawineにて、催させて頂いていますイタリアワインセミナーもいよいよ終盤。遂に登場です、イタリア屈指の名譲地『ピエモンテ州』。
自分のワインにハマったきっかけがココにあるだけに、皆様にもぜひその一端でも伝えられたらな、と思います。
まずピエモンテで思い浮かぶのはイタリアワインの王様と賞される『バローロ』。ネッビオーロ種という長熟タイプのブドウを使い、甘美な香りを漂わせます。もちろん、今回のセミナーにも登場。その偉大なワインの魅力を、清岡ソムリエと勉強していきましょう。
バローロに終わらず、アルコールが苦手な人でも親しみやすい甘口スパークリング『アスティ』や、安くて良質な優等生白ワイン『ガウ゛ィ』、ドルチェットやバルベーラなど果実の魅力溢れる赤ワインなどなど…。
今回のセミナーはピエモンテワインのバリエーションの幅広さを感じられるセレクトです。

合わせる料理は『さつまいものニョッキ』。ニュッキは通常、ジャガイモと小麦粉で作るのですが、今回は秋を感じて頂くためにさつまいもで。ホックリとした甘さで、アスティ、白、赤にも合わせやすく。ソースにはゴルゴンゾーラのクリームソースをご用意。お好みでソースをつけて頂き、青カビの刺激とコクをプラス。ソースがあるのと無いので、ワインとの相性がどう変わるかも検証していきます。

さあ、イタリアワインの指針ともいえるピエモンテの魅力を知りましょう。

【イタリアワインセミナー】
日時 10月7日(木)19:00〜
会費 ¥4,500
場所 hanawine


ご予約、お問合せはhanawineまで 082-222-6687
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-09-18 16:28
男を磨け!!【男のためのワイン教室@9.30(木)】v
ハナワインで最もエッジのきいたワインセミナー、男のためのワイン教室
女性のお客様から『参加はいいから見学させて』なんて声も聞きましたが、すみません。女子禁制、男だらけの、男のための、男によるワイン教室です。その成果は、このセミナーを受講された男性にエスコートされてみて知ってください。最初は不安でしたが、参加者の方も段々と集まって頂いております。ありがとうございます。同士よ、躊躇せず一歩を踏み出してください。

さて、その教室の詳細ですが、以下のワインをまず手始めに。
b0082744_0572488.jpg


1.シャンパーニュ ギボラ・フィス
2.シャトー・タルボ’04
3.ボデガス・サン・イシドロ’93
4. コトーデュレーヨン’81


第一回のテーマ【とりあえずビールはダサイ!!もちろん、ビールの美味しさを否定する訳ではありません。
シャンパーニュそして、程よく熟成した白(フランス)と赤(スペイン)を。
最後は30年もの熟成を経た甘口ワイン。
コースの起承転結の流れを熟成がもたらすワインの美味しさを味わいながら
ゆっくりソムリエのお話を聞ききませんか?

【男のためのワイン教室】
日時 9/ 30(木) 19:00~
会費 1セミナー/¥4,800
場所 hanawine

ご連絡、お問合せはhanawineまで 082-222-6687
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-09-15 00:58
清水牧場のレアものチーズが登場【@9/16チーズセミナー】
明後日に迫ったチーズセミナー。
今回のチーズテーマ【ウッシュチーズ食べ比べ 日本とイタリア対決】にぴったりのワインが決まりましたのでご紹介させて頂きます。
b0082744_1373750.jpg

今回マリアージュさせていただくワインは入手困難な小布施ワイナリーの2アイテムと、イタリア・ピエモンテ州の2アイテム。
写真左から、
1.ドメイヌ ソガ(小布施ワイナリー)
2.ソガペールエフィス(小布施ワイナリー)
3.ロアーニャ ドルチェット・ダルバ(ロアーニャ)
4.モンテステファノ バルバレスコ(モンてステファノ)

この飲み比べだけでも楽しみなのに、そこにチーズが加わるとは、何とも至福(チーズセミナーなので、当たり前なのですが…)な時間を体験できることは間違いなしです。

もちろん、日本のチーズには日本のワイン、イタリアのものにはイタリアを合わせるつもりですが、日本の滑らかチーズに果たしてイタリアの個性派ワインは合わないか?イタリアの塩気の強いチーズに日本の柔らかいワインは合わないか?言い切れることはできません。試してみないとわからないハズです。
以前、僕はイタリアンレストランに小布施ワイナリーさんの造ったバルベーラ&サンジョベーゼを持ち込まして頂いたのですが、これが前菜からお肉料理まで優しく寄り添うかのようなマリアージュ。そんな驚きがあるからこそ、食べ合わせは面白い。
そしてなんと今回は日本が誇るチーズ農家【清水牧場】さんからめったに食べられない量産不可の羊のウォッシュチーズが登場。講師の大田先生も一度しか食べられたことがないらしく『しっかり熟成していて、強いチーズ』だとか。

【チーズリスト】
1.森のチーズ(清水牧場)
2.羊のウッシュチーズ(清水牧場)
3.クアルティローロ・ロンバルドスタジオナート
4.サルバ・クレマスコ


まだお席に若干の余裕がございます。
ご連絡はhanawineまで 082-222-6687

日時 9/16(木) 19:00〜(90分)
会費 1セミナー/¥5,000
場所 hanawine
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-09-14 13:08