hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:イベント情報( 176 )


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

ワイン博覧会~略してワン博~ 最新情報
「ワン博(わんぱく)」って何?
結構聞かれるので最新情報とともに詳細をお知らせします。

「ワインをもっと飲んで欲しい!」といつも思っています。
何故か?食事の嗜好が変わると思うから。
さらには僕らの生活のスタイルもかわってゆくのではと思うから。
ちょっと大げさですね。生きる力とか喜びにつながると思うのです。

そこで1年に1回位は日頃お付き合いのあるインポーターさんに
わがままを言わせてもらいたくさんのワインを用意しました。その数100種類!
(実際は106本になりました。)
お客様に一度にいろんなワインを体験してもらおうと思ってます。

飲んで食べて楽しむも良し。

いろいろ飲んで勉強するも良し。

気に入ったワインを特価で買うも良し(参加者の方へ特別価格をご用意します)

もっとカジュアルに。もっとリラックスして。もっとたくさんのワインを。

当日は料理もご用意いたします。
立食スタイルですのでフィンガーフードが中心になりますが
しっかりとご用意いたします。

予定のメニューの一例です。
ケーク・サレ、特製キッシュ、山田山ベーグルのカナッペ、広島牛のミートパイ、ブーランジェ平井の自家製パン、三良坂フロマージュ、秋シャケのリエット、プティアボガドバーガー、牛ホホ肉のホームメイドシチューなどなど手抜きはしてません。

LIVEも予定通りできることになりました。
孤高のブルースシンガー&ギタリスト 田中良(ドリームズヴィル)に。
http://www.dreamsville.jp/store/TANAKA_info.htm
お店の外で夜風を感じながら演奏していただきます。
きっとしびれますよ!
予定では20時30分から21時30分位

食事とワインとライブミュージック
hanawineで表現したいものをギュッと詰め込んだ濃密な夜
になるといいなぁ。

混雑が予想されますがワインは充分ご用意しました。
皆さんに楽しんでいただけるよう趣向も凝らしていますが
なにぶん慣れないことをするので
趣旨をご理解の上、ご協力、ご了承ください。

それでは当日宜しくお願いします。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-10-15 16:48 | イベント情報
hanacoco!
決定!

9月26日(日) hanawineがLe Cocoを貸し切ります.


題してhanacoco!

テーマは「浅田シェフとhanawineスタッフによる楽しいワイン会」です

いろいろ飲んで(皆さんに美味しいと感じてほしい最も旬なイイヤツ30種類位開けます。)

いろいろ喋って(我々スタッフが飲みたいワインを開けますので一緒に飲みます、ご了承ください。)

たくさん食べて(1年に1回浅田さんにビストロスタイルでつくってもらいます。)

無心でワインを楽しむ日にしたいなと思うのでル・ココファン、ワイン好きなひと、そうでないひともいろいろ集まって「ワインは楽しい」を体感しましょう。

定員    30名位(定員になり次第締め切り)
期日    9月26日 日曜日
時間    18時スタート
金額    6800円
形式    立食形式で30種類位のワインをフリースローで
お問合せ hanawine 082-222-6687


[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-09-13 18:52 | イベント情報
清岡ワイン塾~幸せのマリアージュセミナー~

hanawineは豊かなワインの喜びの中に
皆さんをご案内したいといつも考えています。

そこで今回は郷土性の強いワインを郷土料理、そしてチーズを食べながら
食事との相性の良さからワインの特性を理解していこうとゆうのがこのセミナー。
なんといっても基本は美味しさを感じることが大切だなと。

第一回目は多くの人が好きなブルゴーニュ篇でした。

もともと調理の世界からソムリエになった清岡ソムリエ。(もちろん筋金入りのグルメな方です。)
料理とワインについてしゃべり始めると脱線気味に話が止まらなくなります。(時間はいつも足りません。)
話を聞いてるといつもお腹がすいてくるのですが、今回は料理が用意してあるので安心です。

ワインは予定を変更し、
ドネーヌ シュヴロ クレマン・ド・ブルゴーニュ
ドネーヌ コルディエ マコン オー・ボワ・ダリエ
マレシャル ポマール

料理は温野菜をオリーブオイルで、鴨の燻製、食べ頃のエポワスをプレートで
b0082744_16214921.jpg

1回目なので料理とワインを合わせる基本的な事柄からです。
まず大事なのは「美味しくするシチュエーションづくり」について、
「誰とどこで食べるか」の重要性を力説した上で、
8個のポイントを提案です。
 ①ワインに好き嫌いをつくらない、
 ②味しいものを食べることに労苦をおしまない。
 ③料理とワインのレベルを合わせる
 ④泡ものは万能選手
 ⑤産地で合わせる
 ⑥食材で合わせる
 ⑦料理の色で合わせる
 ⑧基本ぶどう7種を知れば怖くない
以上をふまえシャルドネ、ピノノワールについての
料理を食べ合わせながら話は興味の尽きない
惜しげもないベテランソムリエの貴重な話満載のセミナーでした。
b0082744_16222076.jpg

ブルゴーニュのワインが飲みたいときの料理選択とは、
逆にどんな料理を食べたいときにブルゴーニュがベターなのか?
このあたりから理解してゆくとワインの楽しみが柔軟で幅の広いなってゆくのが
すこし実感していただけたのではないでしょうか?


次回はボルドー篇
10月14日(木) 19時スタート~だいたい20時30分から21時終了。
会費4800円

b0082744_16203027.jpg

ワインリスト
レ・ザルム・ド・ラグランジュ2008
ルネッサンス・ド・ボルドー2008
CHレ・ゾルム・ド・ペズ1999

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-09-13 15:21 | イベント情報
久々ルココ会へ行きました。
 浅田シェフの球速は格段にアップしていた!
今年もフランスに行かれたシェフからいろいろ話は聞いていました。
レストランでの食べ歩きは勿論、重要なワイン生産者のセラー訪問などなど・・・
半年振りのLeCoco会は今のフランスのエキスとエスプリが凝縮したかのようなディナー会でした。

アミューズ オクラの花のファルシ
丁寧にカットされたオクラの生命力の風味 オクラの花に詰め物された旨味タップリのホタテのクネル ほんのりマスタードの風味  塩味、苦味、旨味がシンプルな構成ゆえに
スピード感を伴って口中を満たしてくれる。
ワインはレ・ヴァン・コンテのロゼ・ペティアン POW BLOP WIZZ
日本に120本しか入荷しなかったレアワイン オリヴィエらしい気取らないカジュアルなワインなんだけどシェフの料理とあわせると味覚の各要素を際立たせたり、調和させたちする重要なメッセンジャーに。料理あってのワインだなと感心。
b0082744_15345370.jpg


前菜 ドンブ産カエルとキノコのギリシャ風 緑のソース
レモンが基調の色とりどりのハーブの風味が香りのパレットのよう。調律された香りは繊細な肉質のカエルの食感と風味を上手に引き立て、アクセントにオレンジ色のオーボリとゆうキノコが生で添えられて絶妙。
フレデリック・コサールのサン・ロマン2007 料理の多様なハーブの風味とこのワインの持つ複雑なフルーツの香り、そしてサン・ロマン固有の酸と料理の塩味が重なり合う様はブルゴーニュワインの快楽的な喜びのひとつでは?
b0082744_1537821.jpg

前菜 フランス産プティグリ(エスカルゴ)のポトフ
エスカルゴがポトフになって出てきた!目が丸くなるような展開。だけどしっかり着地するのが浅田さんの凄さ。(お皿の端に乗っているのは浅田さんの遊び、定番エスカルゴを香草バターで合わせたもの・・・にくいな)
知る人ぞ知る、各方面で注目の的アレキサンドル・ジュヴォーのル・モン2005飲み頃のバックビンテージ発見!(飲むべし!)すこ~し発泡しつつミネラルとハーブ満載のシャルドネ。時間とともに熟したリンゴのニュアンスが湧き出て変化する様は妖艶ですらある。
b0082744_1538670.jpg

魚 天然スズキのグリエ 赤玉葱のクーリ
なんなんだろ!?みんな気づいていると思うけど浅田さんがグリエした魚のふっくら感、そして「張り」といいたい肉質の強さ。強度と繊細が共存した魚のうまみ。特別だと思います。
ピエール・オヴェルノワ アルボワ・プピリン シャルドネ2007 シェリー香と合わさった胡桃のような香ばしい風味がグリエしたスズキの香りと好相性。
b0082744_1539219.jpg

肉 仔牛のレバーのロースト ジュのソース
仔牛のレバー初めて食べました。しつこくないのに力強さを感じ、やみつきな感じ。
ジビエもそうだけど、こちらの人格がワイルドな肉食系に変化してゆくよう。
浅田さんの焼いたお肉料理を食べるといつも思う。「命を頂いて強くなってゆく」感じを。
浅田さんの素材の見極めと、それを損なわない絶妙な火の入れ方ゆえなんだろう。浅田さんは素材が「こうして欲しい」と語りかけているのを聞いていると思います。多分。
マレシャル ラドワ2008 マレシャル2008は総じて早飲みできて最高に旨い。飲み頃の難しいブルゴーニュのなかで見かけたら買って損のないビンテージです。
やはりレバーとかジビエの血のニュアンスにはボーヌのピノノワールがいいと考えます。
b0082744_1540619.jpg

デザート カルフォルニア産黒イチヂクと赤ピーマン
目が丸くなるどころか、目が回りそうだったのがこのデザート。イチヂクとピーマンとスイカとココナッツの組み合わせ。それぞれの要素が口と脳の中でグルグル回りどこで着地するのか一瞬戸惑い、五感がフル回転。ひと口、ふた口・・・食べ進むとことらもヤミツキあっとゆう間に完食。これ凄いと思います。

フィリップ・ボールナール ヴァン・ド・(JO)・リキュール ジュラのシャルドネを昔ながらのジュースの状態で煮詰めてつくるマクヴァン・ド・ジュラの原型のようなワイン
薬草系、スパイス、香ばしい甘味が渾然となり複雑なデザートと旨く均衡してました。
これが飲めるだけでも僕は幸せですが。やはり〆のデザートの満足感は特別なもの。
b0082744_15404515.jpg

今回に限らないのですが当然ルココ会でのワインは経験済みのワインですが料理と合わせると別物に変化します。料理と一緒だと見えないものが沢山見えてきます。浅田さんが見ているワインはこうなのかとビックリすることが多々ありとてもエキサイティングな経験になります。本当にワインは本質を手繰ろうとしても手からすり抜けてゆく幻のような存在です。答えはひとつでなく多くはないけどいくつかはあるはず。ルココ会は味覚を様々な先入観から解放させてくれ、情報としてではなくワインも食事も心の喜びに忠実になれるようにリセットしてくれる浅田シェフの贈り物のような食事会です。美味しいものを食べるとはそうゆうものではないでしょうか?

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-09-03 15:45 | イベント情報
【9.4(土)】 「be Natural」第三夜はローヌパワー!
夏真っ盛り!な8月7日に開催された、「be Natural」第二夜~ザ・シャンパン・ガーデン~
暑さを吹き飛ばしてくれる、キ~ンと冷えた泡たちにあわせて、テーブルにズラリと並んだのは草津漁港直送の獲れたて瀬戸内魚介。どれもみな活き活きとした美味しさで、シャンパン、スパークリングワインが次々と空っぽに。みなさん、よく飲みますね~。

b0082744_1903447.jpg

宴もたけなわ、一通りお料理とワインがなくなったところで納涼ライブ。

b0082744_1905565.jpg

流麗なヴァイオリンの調べに、力強いバンドネオンの響き。うっとりと聴き入りながら、片手にはそれぞれスパークリングワインを。今回は最多の40名以上のお客様が来られましたが、みなさん大変満足されたご様子でした。

次回は9月4日(土)、涼しくなってきたところで、ローヌ地方の赤ワインとお肉料理をガツン!といただいちゃいましょう。

b0082744_16543161.jpg

「幻想ポークを使ったこだわり肉料理などなど & 残暑に勝つローヌパワー」
お肉料理とコート・デュ・ローヌの赤とロゼ8種類をバイ・ザ・グラスで幻霜ファームの長田さんが精魂込めて育てた幻霜ポーク、サフォーク牧場のワインの絞りかすを食べて育ったワインラム(子羊)などこだわりのお肉を豪快にローストしたり、リエットにしたりの肉好きにはたまらない夜。ワインはミストレル(海洋風)とたっぷりの太陽を浴びたコート・デュ・ローヌ。元気の欲しいこの時期にこそ赤はもちろん、冷やしたロゼもお肉に合わせて。

お料理にもワインにも、どちらにも共通するのは「その土地の味わい」
素材本来の美味しさをストレートに表現した食べモノと飲みモノは、相性や好き嫌いを越えて、きっと共鳴しあうと思うのです。

造り手の顔を思い浮かべながら、その土地に思いを馳せ、目の前のものをおいしくいただく。
ささやかな幸せは、すぐここにありました。

日時:9/4(土) 19:00~21:30くらい
料金:ご予約4,800円(当日お申し込み5,000円)お食事、ワイン込み
*当日キャンセルは準備の都合上ご遠慮ください。

場所:GRAND CAFE
(アーバンビューグランドタワー1F)

お問合・お申込は
hanawine    082-222-6687
e87@hanawine.com
GRAND CAFE 082-511-8316


追記
イベントの日も近づき当日用意するワインと料理の内容がほぼ決まりましたので少しご案内します。

ワインは大岡さんのワインが中心です。
ル・カノン ロゼプリムール、シャルドネ、ヴィオニエ、ロゼ、赤などを、
他にはラングロールのタヴェル・ロゼ、ダール・エ・リボ、
アンドレア・カルクのペティアンなどなど
日頃ローヌのヴァン・ナチュールをこれだけ接することは少ないと思うのです。
「ローヌパワー」いいですよ。

料理も負けてません。
幻霜ポークのリェット、高宮町若鶏の照り焼きピンチョス、ケークサレ”プロヴァンサル”、
大山ハムのパストラミのシーザーサラダ、自家製パテと自家製ピクルス、
特製ソーセージのキッシュ、大山鶏手羽先フリットエスニック風味プティアボガドバーガー、
メインは北海道産のワインの絞りかすで育ったワインラムをその日の調理法で、、、お楽しみ!

そしてこの日のミニライブはカンツォーネをご披露いたします。
多分グランカフェの入り口前でプレイするのでこの時間に近くにいらっしゃる方は聞くだけでもいいですよ。

もっとワインと美味しい食事と音楽が街に溢れているといいと心底思っています。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-08-14 19:02 | イベント情報
【8/8(日)18:30~】Fete du Fromage ~チーズ祭り~ in モーリーマロンズ
フロマジュリーピノ広島店の2周年を記念しまして、広島でも最大規模のチーズイベントが開催されます!
題して、、、

Fete du Fromage ~チーズ祭り~
in モーリーマロンズ


広島にある人気のチーズ屋さん、フロマジュリーピノ広島店が主催する過去最大規模のチーズイベント。
あの広い広いモーリーマロンズを貸し切って、100名以上の大変賑やかなイベントです!

b0082744_15114391.jpg

☆色々チーズの食べ放題
☆フリードリンク・フリーフード
☆ドリアンさんの巨大カンパーニュ登場予定!
☆日頃なかなか飲めないワイン、日本酒も(別途料金)
☆あれやこれや楽しいこといっぱい


日頃なかなか飲めないワイン・・・、そうです!hanawineも美味しいワインをたくさんご用意して出展します!お得な前売りチケット(6,000円)等のお問合せ・お申込はフロマジュリーピノまで 082-264-5355

<詳細>
場所:モーリーマローンズ 中区新天地1-20広島帝劇会館4F
日時:2010年8月8日(日)
時間:OPEN/18:00 START/18:30
会費:6,000円(前売り) 6,500円(当日)

なんと50種類ものチーズが食べ放題!
フリードリンク!フリーフード!
さらにドリアンさんの巨大カンパーニュも・・・。


こりゃあ見逃せません!
8月8日(日)はチーズ祭りへ!!

お問合せ・お申込はフロマジュリーピノまで 082-264-5355
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-07-29 15:13 | イベント情報
【8/7(土)】第二回目の「be Natural」~草津漁港直送の獲れたて瀬戸内魚介&ザ・シャンパンガーデン
広島のこだわり食材をナチュラルなワインとともに楽しむイベント「be Natural」
7月17日に第一回目「渡辺農園の旬野菜&初夏のロワールスタイル」が開催されましたが、おかげさまでたくさんの方々にご参加いただき、終了後のミニライブまで大いに賑わいました!

b0082744_1454164.jpg

ワインはお好きなものをグラスでいただけるフリースタイル。当日はロワールの個性豊かな泡、白、赤が8種類並びました。初夏にふさわしいソーヴィニヨン・ブランの白ワインや、ジューシーでなめらかなガメイ、熟成させて骨格のしっかりした赤ワインなどよりどりみどり。それまでどちらかというと「地味であまり個性的でない」というイメージをロワールワインに抱いていた方は、いい意味で驚かれたのではないでしょうか。

b0082744_14543362.jpg

そしてそれは、ワインだけの力ではありませんでした。広島という土地で、その気候風土にあわせて、作り手が一生懸命育てた新鮮野菜を使ったお料理だったからこそ、よりナチュラルに造られたーーー20世紀後半にかけて大量生産された典型的な、“安定した”ロワールワインとは違ってーーー、hanawineがおすすめするワインたちが、お料理に共鳴したのだと思います。

「自分で全部飲み干すために、ワインを造っているようなもんさ。」
「ぶどう畑は地球から代々借りているだけ。僕の代でそれを汚すわけにはいかない。」

ロワール地方のおいしいワインを語るときに外せない生産者、ティエリー=ピュズラの言葉です。
それってそのまま、野菜作り、食材作りにも当てはまるような気がします。

流行としての「ビオワイン」、商売文句としての「自然派ワイン」という言葉には、もはやあまり意味はないように思います。「ビオだから好き」「自然派は苦手」とか、情報武装して無理にカテゴライズしてしまうと、本来見えるべきものが見えなくなってしまうのではないでしょうか。真実はただ、グラスのなかにあるはず、ですから。

b0082744_1455897.jpg

「be Natural」

ワインも、食材も、そして飲み手である私たちも。もっと自然に、自由に、楽しんでみませんか
第二回目は「草津漁港直送の獲れたて瀬戸内魚介&ザ・シャンパンガーデン」です。

みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

造り手の顔を思い浮かべながら、その土地に思いを馳せ、目の前のものをおいしくいただく。
ささやかな幸せは、すぐここにありました。


日時:8/7(土) 19:00~21:30くらい(21:00からミニライブあり)
料金:ご予約4,800円(当日お申し込み5,000円)お食事、ワイン込み
*当日キャンセルは準備の都合上ご遠慮ください。

場所:GRAND CAFE
(アーバンビューグランドタワー1F)

お問合・お申込は
hanawine    082-222-6687
e87@hanawine.com
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-07-26 14:57 | イベント情報
【7/25(日)】リチェッタミヤガワ夏祭り!!
梅雨があけてうだるような暑さがやってまいりましたが、いよいよ夏本番ですね。
海に、キャンプに、旅に、花火にと、いろいろ楽しい計画をされてるかと思いますが、やっぱり美味しいワインと美味しい料理も外せません!!

そこで、今度の日曜日7月25日は、幟町のイタリアン「リチェッタミヤガワ」にてとっても楽しいイベントを開催いたします。ずばり、

b0082744_2023567.jpg

☆RICETTA miyagawa 夏祭り☆
        ~お祭り気分のイタリアン!~


ワインは泡モノ尽くしで、蒸し暑い夏を吹き飛ばしましょう!
出店の定番メニュー、たこ焼きがなんとイタリアン風に!?
ミヤガワオリジナル!大好評、ポップコーンのアーリオ・オーリオ
〆はソフトクリームにエスプレッソを合わせた屋台×イタリアンのアッフォガード


などなど、宮川シェフならではのユーモア溢れるお料理の数々が、ガッツリ楽しめます!
泡モノはスプマンテ、カバ、そしてシャンパーニュももちろん!しっかり飲んじゃってください!
さらに浴衣でご来店の方には・・・、宮川シェフから特別プレゼントがあります!

いつもの夏祭りとはちょっと違った、刺激的なレストランでの夏祭り。
お一人様でも、ご友人同士でも。きっと楽しい一夜になります!

<詳細>
場所:RICETTA miyagawa 中区幟町8-5
時間:19:00~
会費:6,300円(食事・ワイン込)
定員:24名様(着席形式・予約制)
お申込み・お問合せはhanawineまで
082-222-6687
e87@hanawine.com

hanawineでは宅配も承っております。広島旧市内で3,000円以上から。
どうぞお気軽にご利用ください!

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-07-20 20:26 | イベント情報
【7/22(木)】今度のテイスティングスキルアップ講座は、ブラインド大会!
シニアソムリエ清岡さんによる、テイスティングスキルアップ講座も、今度で五回目。
毎回ブドウ品種ごとに4~5種類のワインを飲み比べてきましたが、次回はいよいよブラインドテイスティング、白ワイン編です!!

b0082744_1440747.jpg

とはいっても、決して堅苦しいお勉強ではありません。あくまで楽しく、わかり易く。五感をフル動員させて目の前のワインを味わってみてください。先入観なしにワインを味わうことで、いろんなことが見えてくるはず。

ワインのお値段もまちまちなので、どっちが高いワインか?ゲーム感覚で当ててみましょう!
たくさん当たった人には、特別にグラスワインをサービスします!

ソムリエ試験を目指してテイスティングを勉強中の方はもちろん、我こそは、という自信のある愛好家の方や、自分の好みの味を知っておきたい方、ワインの味の幅広さに魅力を感じている方などなど、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

ブラインドテイスティングというと、品種や産地を言って「当たった、外れた」という点に興味が向きがちですが、実際には「先入観を排してワインに向き合う」ということが、とっても有意義なことなんです。今までいかにブランドイメージや巧い言葉に惑わされていたか・・。

もちろん、その情報とともにワインを味わうのも、素晴らしい楽しみ方のひとつです。
ただ、定期的にブラインド・テイスティングを経験することで、より謙虚に、新鮮な気持ちで、ワインに接せられるような気がするんです。

まだ若干の空きがございます、大変貴重な講座になりそうですので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

お申込み・お問合せはhanawineまで
082-222-6687
e87@hanawine.com

hanawineでは宅配も承っております。広島旧市内で3,000円以上から。
どうぞお気軽にご利用ください!

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-07-17 19:38 | イベント情報
W night @ hanawine , with you !!
W(ダブリュー)の若槻さんをお迎えしての、一夜限りのワイン会・・、というかワインを媒介にした楽しい集まり「W night@hanawine」ですが、おかげさまで大盛況のうちに終わりました。ご参加いただいた皆様、そして若槻さん、ありがとうございました!
「W」のブログはこちら

ちょうど雨が弱まった夕暮れ時、参加者全員でシャンパーニュグラスを片手に乾杯!

b0082744_18252469.jpg

美味しそうな前菜盛り合わせがテーブル一杯に広げられ、シャンパーニュの次は熟れたバナナの香り?が特徴的なタブルニ・ドムスのファランギーナを。キッチンからは甘エビときのこをガーリックで炒める香ばしい匂いが漂ってきて、自然と会話も弾みます。

b0082744_18255946.jpg

「どうしてこのワインはこんな香りがするの?」
「おいしーいっ!このワインはどうやって見つけたんですか?」

b0082744_1826146.jpg

いろんな質問にも丁寧に答えてくださる若槻さん。各テーブルをまわり、造り手の代弁者として、ワインに込められた熱い想いを、噛み砕きながら楽しく分かりやすく解説してくださいました

白ワイン、というよりオレンジワイン?という表現がピッタリな、お花畑と果実がないまぜになった印象のアルベルト・テデスキのピニョレットに、赤ワインも元気いっぱい、バルベラの果実味とボナルダの骨格がうまく表現されたカルディナーリのグットゥルニオは今日一番人気の美味しさ。ワインに歩調を合わせるようにサルシッチャとブロッコリのペンネが運ばれてきて、がぜんテーブルも賑わいを増します。

b0082744_18263298.jpg

デキャンタージュすることによりその気品をさらに際立たせたラ・ジェルラのブルネッロには、数日前から仕込んでいた牛スジの赤ワイン煮込みを。これがまたトロトロにとろけそうな美味しい組合せで、スタッフもこっそりとつまみ食いに興じます。

お腹がいっぱいになってきたところで、シメにはシャンパーニュ!エレガンスきらめくブラン・ド・ブランの醍醐味、ぺルソンのローダスィゥーズ・ブリュットが、火照った胃袋を鎮めるように、スルスルとのどを通っていきました。

さらにデザートワインとしてフォルテト・デッラ・ルーヤのロアッツォーロと、ムッシムパネン特製ヘーゼルナッツのビターチョコを。極少量でしたが、堂々とした存在感のあるマリアージュ。

W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

若槻さんが現地を訪ね歩いて探した、個性的で温かみのあるおいしいワイン。
飲んでいて疲れない、フッと気分が軽くなり、楽しくなるような優しいワイン。
まだまだ、これからラインナップが増えるそうです!
W(ダブリュー)のワイン、これからも要注目です!!
「W」のブログはこちら

なお、会の終了後にひっそりとテイスティングが行われた、超希少なスコッチウイスキーにつきましては、後日またあらためてご案内いたします。お楽しみに~!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2010-07-15 18:32 | イベント情報