hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

ゴールデンウィーク休業のお知らせ
今年のゴールデンウィークは暦通り
4/29、5/3〜6の日曜、祝日をお休み致します。

今年は日本のワイナリーを何カ所か訪問して
美味しいワインを見つけてこようと思ってます。
ご迷惑をおかけしますが今後の美味しいワインの品揃えでお返ししますので
ご容赦下さいませ。(チーズにも期待して下さい。)

5/7(水)から通常営業いたしますので仕入れたワイン、チーズをカウンターでお出ししますね。よかったらお越し下さい。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2008-04-25 15:23 | お店紹介
ル・ココ会 美味しかった!
4月13日、フランス料理店ル・ココで、“Le COCO + Thierry PUZELAT”と題した会がありました。
ル・ココのシェフが5周年を期に、これまでのお客様への感謝の気持ちと、さらなる向上を目指して、「“シェフの創りたい料理”と“好きなワイン”のマリアージュ」を楽しむために開いた会です。
今回は、その記念すべき第一回!
テーマは、「春の食材とThierry PUZELATのワイン」

はじめの一皿は・・・
サクラマスのフリウ゛ォリテ シャンパン風味、
グラスに注がれたワインは「Thierry PUZELAT PETILLANT NATUREL 2003」

2003年のヴィンテージで果実味も落ち着き風格のようなものさえ感じさせるティエリーのペティアンはまさに飲み頃。ティエリーの白ワインらしいハーブ、そして柑橘系の心地良い香りが食事と綺麗にマリアージュしてゆく瞬間にこれから始まる一皿一皿が与えてくれる喜びを想像させてくれました。

その後も料理の一皿一皿と、ワインを楽しみながら、時間が過ぎていきました。
そして、締めの“苺と蕗のデザート”
最後まで、春を感じるお皿・・・楽しい時間を過ごすことができました。

来月も、同様の会があります。
来月のテーマは、「ロワールの醸造家とフランス旅行帰りの僕」
実は、シェフが5月に勉強をかねて、フランスに10日間旅に出かけます。
次回の会は、その後・・・
シェフがフランスで感じたことを料理に表現するとのこと。シェフの土産話も含め、次回も楽しい会になりそうです。

是非、皆様も料理とワインのマリアージュを楽しんでみては・・・

次回の日時 5月25日(日)18:00より 完全予約制です。
問合せ先 ル・ココ082-245-3888
     hanawine082-222-6687


b0082744_1594030.jpg
b0082744_15104241.jpg
b0082744_15105467.jpg

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2008-04-25 15:13 | イベント情報
4/13(日)のLe Coco会ご案内です
フランス料理店、ルココは只今、5周年。
お客様への感謝の気持ちを込めて
毎月1日だけ、テーマに合わせて
ワインと料理のマリアージュを楽しむ、ルココ会を開催します!

今回が第1回目。
  テーマ
  「ティエリー・ピュズラのワインと春野菜」

ご予約のお客様のみの限定です。
是非、ご参加下さい。
楽しい、マリアージュを堪能できますよ。
私もとても楽しみです!!

お問い合わせは、ルココ又は、hanawineにお問い合わせ下さいませ。

ここでの取り組みが,この会にご参加して頂ける方の楽しい時間になると同時に
これからのルココの新しいスタイルへと繋がるような会にしたいと思います。
b0082744_16543042.gif

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2008-04-07 16:46 | イベント情報
イベント大盛況!
b0082744_13174698.jpg

b0082744_12595412.jpg
3月21日のVIN NATURE MEETING Vol.1は
新井順子さん、パオリック・メイエーさん、オリヴィエ・リヴィエールさんを迎え
盛況のうちに終わりました。

ご参加して頂いたみなさんありがとうございます。
メディアの露出が先行し、実体の見えにくい
自然派ワインの一端を見て頂けたのではと思っています。

現状、自然派ワインとゆうカテゴリーは
香味とゆう側面では不必要なレベルまで美味しくなっていると思いますし、
販売してゆく側面では(こうゆうワインがもっと認知されて欲しいとゆう意味で)
積極的にカテゴライズされても良いと僕は思います。
(ネット上に氾濫する自覚の足りないコマーシャリズムは自然派に限らず論外です。)

こうゆう規模の大きくない手作り感の強いワインをワインを作った本人と一緒に飲むと
このようなワインは風土そのものとゆうよりも本人そのものとゆう気がします。
今回は3人の造り手を前にそれぞれの話を聞きながら飲んでゆきましたが

b0082744_13211217.jpg
パトリックの芸術家然とした佇まいと考え方、
オリヴィエの若さが横溢しているようなワインへの情熱、
新井さんの境界もしくは限界など存在しないかのような饒舌なスタイル

飲んでから逢ったほうがよいのか、
逢ってから飲んだほうがよいかと逡巡してしまうほどの
同一性を感じます。

ワイン作りにおいて土地そのもの、葡萄そのものの力に
自立的な醸造的変化を促すことを良しとする自然派ワインの醸造法は
結果的に現代的な大規模で効率的な作りのワインよりは
土地、葡萄、そして造り手そのものを見事に映し出す
鏡のような特性を表すのでしょう。

そして僕はそのような記名性の高い=個性的な
味わいの裏付けがハッキリしたワインが好きです。
(そこからの好き嫌いは嗜好性の問題でしょう。)

彼等のワインがもっと売れるといいなと本当に思います。
来年も何らかの形でやりたいと思いますので宜しくお願いしますね。

b0082744_12535366.jpg

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2008-04-03 23:05 | イベント情報