hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

清岡ワインセミナー「イタリア篇」はじまりました。
5月27日(水)、13名様の参加をいただいて、清岡ワインセミナー「イタリア偏」の第一回目が始まりました。テーマは「イタリアワインの成り立ちと島のワイン」、まずは俯瞰的にイタリアワインの成り立ちを学んだ上で、シチリア島、サルディニア島のワインをテイスティングしてみましょう、という内容です。

b0082744_10295168.jpg

イタリアでは全州でワインが造られており、DOCGやDOCといった原産地呼称はあるのですが、品質はまさに玉石混合で、キチッとした格付けがなされていません。それを面白いと思う人はイタリアワインにはまり、面倒だと思う人はフランスワインにはまるのでしょうか。

私も最初はフランスワインから入ったクチですが、最近はイタリアワインの多様な魅力にはまりつつあります。

清岡ソムリエによると「イタリアワインはまず飲んでみましょう」とのことでした。ラベルの情報をみて頭でいろいろ考えるよりも、まず飲んでみる。なるほどなあと頷きます。バローロやキャンティなどの有名銘柄でも、造り手によって全然違いますからね・・・。ま、そんなにポンポン飲めるようなワインでもないですが(笑)

b0082744_10333738.jpg

しかし、南の島のワインは比較的安価ながら、最近は個性的なワインが増えてきました。セミナーでは白2種類と赤2種類、どれもみな地場の土着品種を使った、その土地らしい味わいでした。

シチリアのカタラットというブドウを使った、テッレ・ディ・ジネストラ。トロピカルフルーツ的な甘い香りを漂わせながらも、キュッと塩味の効いた、メリハリのある辛口ワイン。

一方のサルディニア島は、ヴェルメンティーノとシャルドネをブレンドしたカリスマ・ビアンコ。オーク由来の香ばしいボリューム感に、熟れたバナナのようなたっぷりとした果実感。太陽を感じさせる味わいです。

赤ワインはシチリアのネロ・ダーヴォラ、イティネラ。薬草っぽい香り、スパイシーなニュアンス。時間がたつと柔らかく解けて、チェリーのような果実味が顔を覗かせました。

そしてサルディニア島はカリスマ・ロッソ、カリニャーノとカベルネのブレンドですが、リキュールのように凝縮した味わいをもつ力強い一杯でした。こういうの、好きな人ははまりそうな味ですね。

それぞれに際立つ個性を見せる、イタリアの島のワインでしたが、その根底で共通するのは、やはりたっぷりとした「太陽の味」でしょうか。

最近ではエトナ山麓など、標高の高いところは涼しい産地になるそうですが、それでもやはり、日常価格帯のワインには、はっきりと「太陽の味」が感じられると思います。

b0082744_1030294.jpg

お料理には、素揚げした野菜のトマト煮込みを甘酸っぱいソースで仕上げた、カポナータ・アッラ・シチリアーノが供されました。これがもう白ワインにも赤ワインにもぴったり。

途中からは会話も弾み、楽しく盛り上がったワイン教室「イタリア篇」。イタリアワインを飲むと、どこか自然に和んだ、明るい空気になる、というのは気のせいでしょうか。

次回のテーマは「南イタリア ~太陽を感じるぶどう~」です。島のワインとはまた違う、南イタリアワインの魅力に迫ってみませんか?

詳しくはこちらをご覧ください。

ご参加お待ちしております!
hanawine
TEL:082-222-6687
MAIL:e87@hanawine.com
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-30 10:33 | イベント情報
でかっ! うまっ!
北海道からクール便で、ホワイトアスパラガスが届きました。
販売ページはこちら(メルカート・オッティモさん)

b0082744_15554781.jpg

たけのこかと見紛うほどの、大きさです。

b0082744_15561949.jpg


b0082744_15555582.jpg

まずは軽くソテーして一口。瑞々しい甘みがあり、旨みがジュワッと弾けます。

b0082744_1556129.jpg

続いて米粉パイ包みにしたものを。下にはイベリコ豚が忍ばせてあり、半熟卵が艶やかに光っています。

ワインは北イタリアのフリウリから、レ・ドゥエ・テッレのサクリサッシ・ビアンコ05を。抑揚のある果実味に奥深いミネラル感が添えられた、複雑かつ繊細な一杯。ほっぺたが落ちそうです。

b0082744_1556753.jpg

さらにホワイトアスパラとコーンのペペロンチーノが。スパイシーななかに、野菜の甘みがいっぱい。

ワインはラ・カステッラーダのトカイ・フリウラーノ03。凝縮した果実味と穏やかなほろ苦さが均衡する、集中力のある味わい。いっぽう、宝水ワイナリーのバッカスには柑橘系のニュアンスがあり、爽やかな切れ味です。

b0082744_15562663.jpg

そして、ホワイトアスパラともち豚のリゾットが出てきました・・・。鶏のブロードがよく染みたリゾットは、茶碗3杯はいけそう。たっぷりのワインとともにお楽しみください。

いかがでしょう、このホワイトアスパラづくし
食べてみたいと思いませんか?(笑)

販売ページはこちら(メルカート・オッティモさん)

続きは、hanawineで!
ご来店、心よりお待ちしております。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-28 16:08 | 新着レポート
北海道から、ホワイトアスパラガスが届きます。
5月28日(木)、北海道は滝本農場より、採れたてのホワイトアスパラガスがhanawineに届きます。
販売ページはこちら(メルカート・オッティモさん)

見てください、このプリプリとしていて、瑞々しいホワイトアスパラガス。
http://www.asupara.jp/

いかなる美麗字句を並べるよりも、ひとくちガブッと齧りついていただくのが最も分かりやすいかと。

ワインは北イタリアのものや北海道の宝水ワイナリーをご用意します。北海道の新鮮食材にあわせて、北海道らしい個性の表現に努める、小さな小さな宝水ワイナリー。

はたして北海道のテロワールはあるのか?そして、食べ合わせたときの反応は?・・・。

5月28日の夕方に到着予定です。
随時、写真や調理法等をアップいたします。
ご来店お待ちしております。

販売ページはこちら(メルカート・オッティモさん)
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-28 01:51 | イベント情報
旭洋酒「それいゆ」シリーズ、限定入荷!!
b0082744_1842781.jpg
山梨市にあるワイナリー、旭洋酒から「それいゆ」シリーズのワイン4種類が入ってきました。
旭洋酒は、鈴木さんご夫妻で栽培から販売までされている、とっても小さなワイナリー。
造りたいワインは、濃縮感がありインパクトが強いものではなく、ブドウの魅力を引き出した、柔らかな温かみの感じられるワインだそうです。

さっそく甲斐ノワールを飲んでみました。山ブドウのような愛らしい香りにあふれ、甘味・酸味・渋みのバランスがほどよく、飲み疲れしない穏やかな美味しさ。自然とグラスに手が伸びる、普段の食卓にぴったりなワイン。豚肉のしょうが焼きやカツオのタタキ、サバの塩焼きなんかが頭に浮かび、思わず涎が出そうです。

そして、生産本数わずかに336本のそれいゆシラー。がつがつと主張するような濃厚系シラーではなく、爽やかに微笑みかけてくるような、清涼感をともなう優しい液体。

飲み込んだ後には山梨の畑の風景が脳裏に浮かぶような、じ~んと温かい美味しさでした。

数量限定で販売しております。
気になる方はぜひ、hanawineまで。
082-222-6687
MAIL:e87@hanawine.com

がんばれ!日本のワイン!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-27 18:46
大岡さんのワイン、ル・カノン2008年が入荷しました!
今年も入荷してきました、ラ・グランド・コリーヌ(大岡弘武さん)のヴァン・ド・ターブル
「ル・カノン」

b0082744_17494143.jpg

「ル・カノン」とは、仲間同士で「さあ、一杯飲むぞ!」という意味のフランス語「prendre un canon」から名づけられたそうです。

楽しみ方はカジュアルですが、ワインは手間隙かけて造られた本格派。その土地に育つブドウから滲み出る、純粋無垢な果実味を楽しんでいただくため、野生酵母による自然な発酵と、ビン詰めに至るまでの全ての過程において、酸化防止剤を使用しないことが特徴です。

熟したブドウの香りが勢いよく解き放たれ、味わいは瑞々しく活き活きとした口当たり。まさに“生きているワイン”といった表現がふさわしく、飲む喜びを、全身で感じていただけると思います。
ラ・グランド・コリーヌ(大岡弘武さん)についての説明

●ル・カノン 赤(シラー、グルナッシュ)・・・2,262円(税込)
●ル・カノン ロゼ(ミュスカ・ダンブール)・・・2,504円(税込)
●ル・カノン 白(ヴィオニエ)・・・2,504円(税込)

先日、ロゼを飲む機会がありましたが、愛らしい花の香りにあふれた、繊細でチャーミングなワインでした。後味はドライなんですが、飲み手を優しく包み込んでくれるような、ふんわりとした旨みに頬が緩みっぱなしです。

白と赤はまだ飲んでいないのですが、さてさて今年は一体どんな味なんでしょうか・・・?
蒸し暑さが大手を振って忍び寄ってくるこれからの季節、キュッと冷やして

「さあ、一杯飲むぞ!」

といきたいものですね。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-26 17:54 | 新着レポート
今週はブルゴーニュワインまつりです!!
ブルゴーニュ好きの皆様、お待たせいたしました。

ユドロ・バイエ。
b0082744_21474194.jpg


ロブロ・マルシャン。
b0082744_21481910.jpg


ディジオイア・ロワイエ。
b0082744_21483522.jpg

シャンボール・ミュジニー村より、今もっとも注目すべき造り手のワインが、少量ですが入荷しました。ブルゴーニュACやオート・コート、村名クラスではありますが、石灰質土壌で造られるピノ・ノワールが本来持っている繊細さ、エレガントさを十分に感じていただけると思います。

*ロブロ・マルシャンのみ、1級クラスもほんの少量ですが確保できました。気になる方はお早めに。

b0082744_21501173.jpg

さらに、ジュヴレイ・シャンベルタンに本拠を置く、ご存知仲田晃司氏が率いるネゴシアン・ルー・デュモンからも、ブルゴーニュ・ルージュとブラン、それぞれ飲みごろの2006年が入ってきました。果実味と酸のバランスがよく、誰が飲んでも美味しいブルゴーニュ、といった感じでしょうか。

モレ・サン・ドニからは薄旨系のレミ・ジャニアール、さらに自然派、というか今やブルゴーニュを代表する造り手と言ってもいいシャソルネイの2007年。某雑誌では梅きのことか大地の味とか言われてますが、「梅」のイメージはほんとその通りだと思います。

そして、ここにきてエキス感がしみじみと馴染み始めてきた、ドメーヌ・ド・ラ・コンブのパストゥグラン2003年。実際に飲んでみましたが、これホントに掘り出しもんですよ。

きのこのダシ汁に梅紫蘇のようなニュアンス・・。毎朝ご飯と味噌汁な人なら、きっと好きなハズです(笑)

ほかにも、枯れそうな手前で華々しい熟成香を漂わせているバックヴィンテージのワインや、今は無名ですがきっちりと造っている新進気鋭の生産者たち、そしてディディエ・モンショヴェのクレマンにルイ・シュニュのバックヴィンテージ白など、セラーにはお宝が散らばっています。

冷やかしOKです(笑)ので、どんなものがあるのか、ぜひフラッとお立ち寄りください。

また、カウンターではグラスワインも提供予定です。この機会にぜひhanawineまで。
ブルゴーニュワインの現在(いま)の潮流(トレンド)を、一気に感じられるチャンスです!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-24 21:55 | 新着レポート
第二回チーズセミナー「春のチーズプラトー」
しとしとと雨が降る木曜日でしたが、大田京子先生を迎えての今年二回目のチーズセミナーは、おかげさまで14名様のご参加をいただき、カラッとした楽しい会になりました。ありがとうございました!

b0082744_9584943.jpg

テーマは
「春のチーズプラトー」

少ないチーズでも、チーズのバラエティ感を出すテクニックをいろいろと教わりました。

・チーズをカットするときの厚み、切る方向、大きさを変えてみる。
・添える食材、調味料で違う美味しさを出す。
・加熱したものとしないものの味の違い。
・ソースにして他の食材と共に頂いてみる。

チーズって高価なものですから、たくさん買うのは難しいのですが、少しの種類でも、提供法を工夫することで楽しみ方はグッと広がり、パーティーも盛り上がるというものです。

さて、そんな風に工夫が凝らされた春のチーズプラトーに合わせて、今日のワインは・・・、

b0082744_958572.jpg

一杯目にはルイ・ブイヨのクレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ・ブリュットを。薄く切ってミントの葉をあしらった、白カビタイプのフージェルが、より一層爽やかに感じられます。じめじめした時期のスパークリングほど、爽快なものはないですね(笑)

次はロドルフ・ムニエ氏が熟成させたシェーブルチーズ、サント・モール・ド・トゥーレーヌにあわせて、ロワール地方はアンリ・ブルジョワ作のソーヴィニヨン・ブランをいただきました。熟成が若く爽やかな酸味が感じられる「ドゥミ・アフィネ」のチーズに、やはりまだ若く溌剌としたミネラルを感じるワインが、寄り添うようなぴったんこの相性を見せてくれます。

b0082744_959443.jpg

ちなみに、シェーブルチーズには細かく刻んだラムレーズンを乗せたバージョンも。こうすると味わいがグッと強くなるので、同じロワールでもカベルネフランを使った赤ワインなどが面白いかもしれません。

三品目はブルー・ド・オーヴェルニュ。香りも味も強いこのチーズには、熟成したボルドー、シャトー・デ・ベル・グラーヴ1998年をあわせてみました。

時を経て複雑な香りが増し、タンニンが滑らかになったボルドーは、それ単体でも楽しめるものでしたが、そこにブルーチーズが加わることで、さらに羽を伸ばしスイスイと風味が広がっていくかのよう。

もちろんチーズも負けていません。ワインの余韻に続いて、ブルー・ド・オーヴェルニュのクリーミーなコクが、巻き戻されては再生されるといった感じで、いつまでも幸せな気分に浸っていられそうです。

ブルー・ド・オーヴェルニュにハチミツをかけたものもは、チーズの刺激が和らぎマイルドな印象に。ちょっと甘めなランブルスコとか、ポートワインを少々、というのもたまりませんね。

最後は、大分県湯布院の山あいで個性豊かなチーズを造っている「うらけん牧場」さんのウオッシュチーズを。刺激のほとんどない、クリーミーなウオッシュチーズなので、ワインも柔らかめなマルセル・ラピエールのボジョレーをあわせてみました。

b0082744_959930.jpg

自然派の巨匠といわれるマルセル・ラピエールですが、そんな仰々しい形容詞とは関係なく、ワインは肩の力が抜けた、本当にナチュラルで瑞々しいもの。突出したところがなく、かといってストンと落ちるわけでもなく。一定のペースで歩き続ける悠々とした酒質は、優しい味わいのチーズにもピタリと伴走し、最後は肩を抱き合いながらゴールイン。

春のチーズプラトー。少ないチーズでも、いろいろと工夫を凝らすことで楽しみ方は大きく広がります。もっとも、ワインはたくさん用意したほうがいいと思いますが・・・(笑)

次回のチーズセミナーは6/18(木)、テーマは
「私の愛するシェーブルチーズとマイナーシェーブルチーズ」
です。山羊好きの方、ぜひご参加ください!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-22 10:08 | チーズ・料理
一夜限りのトスカーナの宴
「サルーテ!!」

ちょっぴり冷やしめなリヴェルナーノのキャンティ・クラシコで乾杯し、突き出しで供された空豆とペコリーノを口中へポロリと落としこんだ瞬間から、“一夜限りのトスカーナの宴”が始まりました。

b0082744_2123837.jpg

ペコリーノのなんと濃厚なこと・・。空豆のなんと滋味深いこと・・。

トスカーナ郷土料理といえば豆はマストアイテム。現地の家庭でもよく食べられているという豆のスープ「リボリータ」が続いて供されます。

b0082744_2110755.jpg

たっぷりの白いんげん豆に、たっぷりの広島産野菜が加わり、白いんげん豆のピューレでトロリとした粘性がつけられたスープは、スープというより“おじや”といいたくなるほどの、親近感のあるマンマ(おふくろ)の味わい。

合わせたのはレ・カルチナイエのヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ・ヴィーニャ・アイ・サッシ05、デリケートな花の香りがあたり一面に飛び交う、ミネラリィで骨太な辛口白ワイン。

「もうね、スープに顔を埋めたくなるほどの美味しさでしたよ・・。」
自家製フォカッチャをふきん代わりに、皿を隅々まで拭きあげたのは言うまでもありません。

さて、ここからがようやく前菜の始まり。トスカーナ風前菜の盛り合わせは、大きなお皿に5品がっつり盛られていました。

b0082744_2111152.jpg

むっちりとした美味しさの鶏のレバーのクロスティーニに、香ばしさと瑞々しさが心地よいトマトのブルスケッタ。トリッパのサラダはあっさりとしたなかにも野趣があり、穴子の燻製と白いんげん豆のサラダは繊細さと力強さが同居する、大地のエネルギーに満ちた味わい。

ここで使われた豆ですが、ゾルフィーニという現地でも大変貴重なものらしく、噛み締めた瞬間の、旨みが搾り出されるような感覚には言葉を失うものがあります。

b0082744_21184164.jpg

そして前菜のもうひとつは、艶やかな脂がなまめかしい、サラミ・フィノッキオーナ(フェンネル入り)。ウイキョウの香りが清々しく、たっぷりとしたサラミの旨みが際立ちます。そこへ、マッサヴェッキアのロザート05を合わせるという、なんとも贅沢なアッビナメント(組み合わせ)。頬は緩み、口は滑らかになり、自然と会話も盛り上がりました。

b0082744_21273535.jpg

美味しい料理と美味しいワインに、この、楽しい会話と高揚感。イタリアの風が吹き始めた瞬間です。

プリモピアット(第一の皿)にはトスカーナ風ラグーソース、パスタにはパッパルデッレが使われていました。もっちりとした触感は食べていて頼もしく、鶏のレバーが加わった濃厚ソースにも真正面から絡みつきます。

b0082744_2112334.jpg

オークの香りがモダンに漂うブランカイアのキャンティクラシコに続いて、フォッサコッレのロッソ・ディ・モンタルチーノ06を。肉付きのいいしっかりとした赤ワインに対抗できるのは、そう、牛肉のタリアータ。宮崎産ハーヴ牛を塩とオリーブオイルだけで焼上げた、もっともシンプルで食欲を刺激する一皿。

b0082744_21123521.jpg

脂分は滲むように溶けだし、赤身にはこれでもかと旨味が詰まった、牛肉のタリアータ。心の中で拳を握りながら、「俺は今、肉を喰っているんだー!」と叫びたくなるほどの、興奮を隠しきれない一皿。

付け合わせのジャガイモの、なんでもないようで緻密な美味しさに唸りながら、たっぷり横たわっていた牛肉をペロリ。不思議ともたれる感覚はまったくなく、むしろエネルギーをいただいたような食後感です。

b0082744_21131510.jpg

最後はドルチェにズッパ・デル・ドゥーカをいただき、一夜限りのトスカーナの宴は閉幕。

「よう食べたな〜」と思いつつも、よくしゃべり、よく笑ったおかげで、大変心地良い3時間半の宴でした。ごちそうさまでした。

b0082744_2114379.jpg

ーーー
人が集まり、美味しい料理を食べ、ワインを飲んで、会話が弾み、幸せな気持ちになる。

あらためてワインが持つパワーに気づかされ、また、自分がさせてもらっている仕事に対する、ささやかながらも確固とした誇りを確認することができた、一夜限りのトスカーナの宴。

これからももっともっとワインに対して真摯に取り組み、その楽しさ・喜びを伝えていければと思います。
ありがとうございました。

LA MUSICA ラ・ムージカ
ホームページ
広島県広島市中区中町1-13
082-545-7396
11:30〜14:30/18:00〜21:30
第3月曜休業
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-19 21:28 | お店紹介
【満席です】北海道の穫れたて食材がリチェッタミヤガワにやってきます!

*大変申し訳ございませんが、こちらのイベントは満席のため、募集を締め切らせていただきました。


b0082744_1924192.jpg

食通を魅了する春の食材のひとつ、ホワイトアスパラガス
北海道の滝本農場で収穫された、とびっきりのホワイトアスパラ(超オススメ!)を、翌日に最高の状態で、ピッタリのワインと一緒にここ広島で食べたいと思いませんか?

ことの発端は、北海道から最高の食材とイタリア料理のご紹介をされている、オフィスオッティモの高橋さんがお店に来られたところから始まりました。

「いちばん贔屓にしている食材を、ぜひ穫れたての状態でワインと一緒にマリアージュさせてほしい。」

これはやらねばとすぐさま決断。
hanawineのみの実施ではもったいないので、知り合いのイタリアレストランのリチェッタミヤガワさんに連絡したところ、それならばとホワイトアスパラに加えて函館港から、これまた前日水揚げされたお魚を、鮮度最高の状態で届くよう手配。お肉も北海道の特別な素材を段取りして、

「北海道の最高の食材を最高の鮮度で頂く、一晩だけの特別ディナー」

を企画されました。
もちろんワインはhanawineにまかせてもらいました。
北海道、、、。ホワイトアスパラ、、、。イタリアン、、、。
こうくれば、ピュアなミネラル感と土臭さが表現された、ピエモンテ以北のイタリアワインが欲しくなります。ワインのテーマはズバリ!
今一番注目のワイン産地、北イタリアの最高のワイン!
題して

『北海道の穫れたて食材がRicetta Miyagawaにやってくる!』

日時 6月7日(日)  19:00スタート
(少しお早めにお集まりください。)
場所 リチェッタミヤガワ
定員 20名(定員になり次第締め切り・2名様より承ります)
金額 15,000円(ワイン代含む)
お問合せは
リチェッタミヤガワ 082-222-3120
hanawine 082-222-6687
MAIL:e87@hanawine.com

北海道の最高の素材を最高の状態で、宮川さんがイタリアンに仕立てます。
僕のとっておきの、北イタリアのワインと一緒にどうぞ!

それに先立ってhanawineでもちっちゃなイベント
『北海道発!春の味覚ホワイトアスパラの夕べ』in広島@hanawine
を先行しておこないます。

こちらは通常営業の中でいくつかアスパラを使ったメニューをご用意。
ワインもアスパラに合いそうなものを色々開けて食べ合わせます。
そう、北海道の宝水ワインもご用意します。(本当に北海道のテロワールはあるか?ないのか?)

日時 5月28日(木) 
場所 hanawine
金額 いつも通り アラカルトで食べたいだけ、飲みたいだけ

アスパラは超新鮮なので、シンプルにEXオイルを表面に塗ってグリルするだけでワインとの相性ピッタンコ!

収穫された翌日に届く、超新鮮なホワイトアスパラとワインの組み合わせに、ご期待下さい。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-18 21:21 | イベント情報
ブドウの芽って、食べたことありますか?
これは、何でしょう?

b0082744_17262440.jpg

正解は「ブドウの芽」です。栃木県足利市にあるココファーム・ワイナリーから、採れたてがクール便で届きました。
小さな小さな赤い粒が可愛らしい、マスカット・ベリーAです。

先週、神戸ワイナリーでも体験したのですが、この時期のブドウ畑は芽かき作業で大忙し。健全なブドウを収穫するため、間隔をあけてブドウの芽を摘むのですが、その摘んだブドウの芽、食べられるって知ってました?

タラの芽のように、天ぷらやフリッターにすると、とっても美味しいんです。むかし食べたことがあるのですが、ほろ苦さと酸味がいいアクセントになって、塩味だけでいくらでも食べられます。

今日はそんなブドウの芽をフリットにして、鶏皮と和えてマリネにしてみました。

ブドウの芽のフリットにはマリネ液がじんわりと染み込み、鶏皮の香ばしいコクが四方八方に散りばめられた、ワインのアテにはたまらない一品ではないかと思います(笑)

b0082744_1858679.jpg

スパークリングにはスペインのカバ「1+1=3 ブルット・ナトゥーレ」を、白ワインには珍しいドイツの辛口ピノ・グリを。ほかにもおすすめのグラスワインをご用意して、お待ちしております!

注、 農薬を使ったブドウの芽は農薬が先端に集まった状態になるので食用に適しません。
       無農薬のものが食用となりますのでご注意下さい。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

by hanawinehiromi | 2009-05-18 17:46 | チーズ・料理