hanawine
hanawine.exblog.jp
ブログトップ
NZランドから、クスダワインズが到着~!
みずからの夢を実現し、さらなる高みを目指して、NZランドでワイン造りに励む楠田浩之さん。
2007年はピノ・ノワール、シラーともに世界中で高い評価を受け、ますます入手が難しくなってきました。需要の増加にしたがって当然価格も高騰、高い品質が世界で認められるのは同じ日本人として非常に嬉しいのですが、一方でなかなか飲みづらくなるというのも、少し複雑な気持ちです。

そんなクスダワインズですが、今回初めてのリリースとなる、

リースリング2009

が入荷してきました。わずか2,000本のみという生産本数、そして楠田浩之さんはドイツのガイゼンハイム大学でワイン造りを学んでおり、リースリングに対しては特別な思いがあるはず。さていくらぐらいになるのかと思いましたが、なんと

3,675円(税込)

での販売となります!初リリースとはいえ、これは嬉しい価格です。
早速自分で一本購入し、先日江田島で行われた「カキかきマラソン」に持って行ってみました。これはマラソン参加者なら無料で、江田島産の焼きカキが食べ放題という、とっても嬉しいイベント。はたしてカキにリースリングはあうのか・・。ちなみに、アルベルト・テデスキのピニョレットも一本追加で持参。

b0082744_22303655.jpg

心地よい酸と伸びやかな果実味。ドライだけど、柔らかくジューシーなテクスチャー。甘みと酸味が絶妙のバランスで、しっかりとミネラルも感じられる、キュッと締まったリースリング。カキの旨みにはスーッと寄り添うような形で、優しい、ほのかな余韻を演出してくれました。

b0082744_2231358.jpg

一方のピニョレットは、濃厚な色合いで、シェリーや梅酒のような豊潤な香り。苦みと渋みがあって、白ワインとは思えない独特の個性を持っていましたが、これがカキの旨みと、ちょうど凹凸のようにピタッとハマっていたんです。カキの旨みが、ワインの刺激によって、さらに増幅されるといいますか・・。

3月も一週間が過ぎ、そろそろカキの季節もおしまいですが、白ワインでも果実味の強すぎない、適度に酸があって、ミネラル感が強いものを選べば、かなり楽しめるのではないかと思います。日本酒でいうと、吟醸香の強い冷酒よりも、燗に向く骨太な生酛(きもと)系純米酒、みたいな。

ちなみにNZランドではムール貝をよく食べるそうですが、このクスダワインズのリースリングをあわせたら、どんなに楽しいことでしょう・・。

さらには、クスダワインズのピノ・ノワール2008も新入荷!こちらは9,450円、限定24本です!毎年早々に売り切れてしまうので、気になる方はお早めに!そのほかにユリヒャーやメインディバイドのワインも各種入荷しています。1,890円~2,000円代後半、こちらは店頭にてどうぞ。

春野菜や山菜の天ぷらなどにも、NZランドの柔らかいワインはオススメです!
みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

hanawineでは宅配も承っております。広島旧市内で3,000円以上から。
どうぞお気軽にご利用ください!

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-03-08 22:33 | チーズ・料理
ワインとともに、イタリアンドルチェの贈り物はいかがでしょう?
前回の記事にも書きましたが、さらにイタリアのお菓子が入荷してきました。
今回は種類も豊富!!
どんなワインに合わせようか…嬉しい悩みがつきません。
b0082744_1530314.jpg

まずご紹介するのは、アントニオ・マッティ社のスタンダードタイプのカントゥッチ。
カントゥッチとは、バターを使わない、しっかりと焼き上げた生地に、松の実やアーモンドを練り込んだトスカーナ生まれの伝統菓子。ひとつひとつの素材の味がしっかりと伝わってくるけど、重くなく、ホックリとした味わいで落ち着いた気持ちにさせてくれる優しいお菓子です。添加物は一切使用せず、伝統的なレシピで作られています。

合わせるワインはフォルテト・デッラ・ルーヤのモスカート・ダスティなんていかがでしょう?
心地よい甘味と柔らかい炭酸が、カントゥッチのカリッとした食感を少し柔らかくして、口の中でつややかに混ざり合うハズ。
他にもアントニオ・マッティ社のお菓子はホックリとしたチョコ生地のカントゥッチやアダルト味なシナモンビスケットもご用意しております。

また、去年のホワイトデーに好評を頂いた、ピエトロ・ロマネンゴ社の目にも美味しい、彩り豊かなシュガーボンボンも入荷。
b0082744_15444331.jpg

アニスやローズ、オレンジなど6種類のリキュールやシロップがつまったカラフルドルチェ。
小振りながらもひと粒食べただけでも、口の中は別世界が広がりますよ。
こちらにはまろやかな口当たりと爽やかな喉越しが特徴的なトレヴィジオールのプロセッコを。
砂糖の甘味、リキュールの爽快感が広がる舌の上を、波のようにサッと流れていきます。
ピエトロ・ロマネンゴ社の砂糖菓子は他にも数種用意。松の実シュガーやアーモンド・ドラジェなどが単品でもお楽しみできます。
そろそろ、ホワイトデーですね。
ワインとともに、イタリアンドルチェの贈り物はいかがでしょう?
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-03-07 15:25
【3/13(土)】有料試飲会実施します。テーマは「シャソルネイを利く」
フレデリック・コサール氏が当主を務めるドメーヌ・ド・シャソルネイ。
ブルゴーニュにおける自然派ワインの寵児として、21世紀初頭に注目を集めた新星ドメーヌですが、いまやブルゴーニュのトップ・ドメーヌとして、押しも押されぬ人気を誇っています。
ドメーヌ・ド・シャソルネイの商品ページ

サン・ロマン、オクセイ・デュレスなどのあまりメジャーとはいえないアペラシオンから、ワイン好きを唸らせるようなワインを造り出しているフレデリック・コサール。しかし世界中で人気のため価格も高騰し、気にはなっているものの、なかなか飲み比べる機会がないのが実情ではないでしょうか。

そこで、今度の土曜日はシャソルネイのワイン3種を飲み比べします!
すべて2007年ヴィンテージ。シャソルネイの個性、アペラシオンの特徴を感じながら、その奥にある、ブルゴーニュワインの魅力に触れていただければ、と思います。

b0082744_2125726.jpg

ドメーヌ・ド・シャソルネイについて:
ドメーヌ・ド・シャソルネイは、1996年、ブルゴーニュのサン・ロマン村に設立されたドメーヌです。当主、フレデリック・コサール氏は、自然派ワイン界の押しも押されもせぬ実力者で、カリスマ醸造家フィリップ・パカレ氏と並び称されるフランスを代表する自然派醸造家です。自分の信じている方法を実行しており、栽培方法、収穫方法、醸造方法まで自己流、ビオディナミ農法を実践しておりますが、独自のアレンジを加えたビオスティムリーという農法に一部切り替えています。基本的に白ワインも赤ワインも100%新樽を使用し、それぞれのポテンシャルの中で可能な限り樽で熟成するという徹底したワイン造り。妥協を許さない、ドメーヌ・ド・シャソルネイです。

○サン・ロマン ブラン “コンブ・バザン”2007
5,345円(税込)

●オクセイ・デュレス “レ・クラ”2007
5,727円(税込)

●サヴィニー・レ・ボーヌ “レ・ゴラルド”2007
5,980円(税込)


この機会にぜひ、フレデリック・コサールのワインに触れてみませんか!
きっと素晴らしい体験になると思います。

【先着16名様限定】にて、ご予約を承ります。詳細は下記の通り。

日時:3/13(土) 13:00~16:30
場所:hanawine店頭
内容:3種類のワインを40mlづつ
会費:
前日までにお申込みの方は
2,000円
当日お申込みの方は
2,200円

*グラスは3脚ご用意します。
*試飲の際には食事等の用意はございません。17時からの提供となります。
*当日ワイン購入の方には、ポイント2倍サービス!
(その場で入会も可)


どうぞお気軽にご参加ください。

事前のお申込み・お問合せはhanawineまで
082-222-6687
e87@hanawine.com

hanawineでは宅配も承っております。広島旧市内で3,000円以上から。
どうぞお気軽にご利用ください!

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-03-06 21:27 | 試飲会情報
おいしいイタリアの白ワイン。
3月に入り怒涛の新入荷ラッシュが続いています。しっかりとテイスティングしているのですが、ここのところはなんと言っても、

北イタリアの白ワイン

が非常に面白いです!おいしいです!オススメです!

先日のアルベルト・テデスキ(エミリア・ロマーニャ)が造る白ワイン、ピニョレットも個性的な美味しさでしたし、この間来日されたカンティーナ・ボルツァーノ(アルト・アディジェ)のピノ・ビアンコも、清らかな美味しさ。

そして、今日ご紹介したいのは、

b0082744_13311680.jpg

ダニエーレ・ピッチニンの
ビアンコ・デイ・ムーニ 2007
(シャルドネ80%、ドゥレッラ20%)


黄金色に輝く液体からは、果実の香り、花の香り、スパイスなどの上品で複雑な香り。
口に含むと強いミネラル感と柔らかいエキス感。心地よく、穏やかに、のどの奥へと広がっていきます。
軽やかなのに、存在感のあるキレイな余韻。ワイン単体でも楽しめますが、そこにおいしいお料理があると、もっと素晴らしい体験ができそうです。

イ・マシェリやサッサイアなどでおなじみの、あのアンジョリーノ・マウレ氏のもとで修業を積んだ、まだまだ若い造り手さん。しかしこのワインを飲めば、そのセンスの良さがハッキリと分かります。

焼き牡蠣、ホタテのバター焼き、アサリの酒蒸し、、、菜の花や山菜なんかも・・・。
みなさまのご来店、心よりお待ちしております!

hanawineでは宅配も承っております。広島旧市内で3,000円以上から。
どうぞお気軽にご利用ください!

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-03-05 13:32 | おすすめ
ワイン屋ですが、お菓子も売ってます!
3月に入り、おいしそうなワインがまたたくさん入ってきました。
セラーにも出しきれないワインが積み上げられ、狭いスペースでご不便おかけしていますが、特価のものやセット割引などいろいろ入れ替わっています。
少しずつ暖かくなってきましたし、そろそろお外でワインが飲みたい時期かも・・!

さて、たくさんあるワインの段ボール箱にまぎれて入荷してきたのが、イタリアはドモリ社の

カントゥッチ(ビスケット)

b0082744_17481218.jpg



カシャーヤ(カカオをローストしたもの)

b0082744_17483381.jpg

さっそく試食してみましたが、カントゥッチは甘すぎずサクッとした食感で、後に残るヘーゼルナッツの香りが絶妙。フォルテト・デッラ・ルーヤのモスカート・ダスティとあわせてみると、ほのかな甘みと湿っぽさがピタリとはまり、すっごく幸せな余韻にひたれます。

b0082744_1749074.jpg

カシャーヤのほうは、甘みはなくドライな苦みが広がる大人のスイーツ。これにはカルヴァドスとかポモー・ディ・ノルマンディとか、ポートワインとか。しっかり甘めの食後酒とあわせると、ちょっぴり贅沢なひとときが楽しめそうです。

いずれもhanawine店頭で試食可能ですし、カウンターでは食後酒とともにマリアージュを体験することも!ワインとお菓子の美味しい出会いをぜひ、お楽しみいただければと思います。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

hanawineでは宅配も承っております。冷えたワインをいつでも食卓へ!
広島旧市内で3,000円以上から。

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-03-04 17:50 | おすすめ
Love? Pignoletto(ピニョレット)!!
ちょっとやそっとの美味しいワインでは驚かないのですが、これは久々にきました。
イタリアはボローニャの南西、アルベルト・テデスキが造る白ワイン、ピニョレット。
ちょっと聞き慣れない名前ですが、これは品種名そのままです。
可愛らしい花柄模様のラベルですが、中身は筋肉モリモリ、ビシッと筋の入ったかなりの本格派。

b0082744_19191898.jpg

白ワインというより、オレンジワインと言った方が的を得ているかもしれません。
酸味がしっかりあって、果実味も濃厚、そして赤ワインも顔負けのきめ細かいタンニン。
土地のミネラル感と収穫年の特徴がそのまま表現された、奇をてらわないスッピンワイン。

b0082744_19192766.jpg

造ってるおっちゃん(お兄ちゃん?)も、いかにも旨いものを造ってそうな、人好きのする笑顔に溢れています。

b0082744_1920922.jpg

ラヴ ? ピニョレット !!
アルベルト・テデスキ/ピニョレット 2006

ちなみに牡蠣料理にも相性ピッタリだとか・・。今度さっそく試してみます。

hanawineでは宅配も承っております。広島旧市内で3,000円以上から。
アルベルト・テデスキ/ピニョレット 2006

[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-03-01 19:23
【選べる楽しさ】ちょぴり贅沢!ワインペア!2本で2,980円
昨日のぐづついたお天気からはうって変わって、今日はスカッとしたいい天気!
気温もちょうどよく、外で一杯飲みたい感じですね~!!

さて、週末を中心に、デイリーワインをまとめ買いをしたい方に好評の

「よりどりみどりセット」
 3本 2,980円
 6本 5,780円
12本10,980円


ですが、

ワインペア!2本で2,980円

こちらも大好評をいただいております。

b0082744_11161318.jpg

1本当たり1,500円から1,680円までの、デイリーにしてはちょっと特別なワインが、2本おまとめいただくことでずいぶんお得に購入できちゃいます!

週末のとっておきワインや、パーティーへの持込みワイン、大切な人への贈り物などにも。
味わいのバラエティも豊富ですし、きっとあなた好みの一本を見つけることができるはず。

大人気の定番・辛口スパークリングから、フランスのピノ・ノワール、自然派のローヌ、イタリアのしっかり系サンジョヴェーゼまで多種多様。さらに商品は常に回転し、新作なども随時入ってきますので、いろいろと選びながら、飽きることなく、お楽しみいただけると思います。

b0082744_11162076.jpg

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!スペイン☆ワインセット6本で10,000円がオススメです!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-27 11:19 | ワインセット
今日のグラスワイン
日替わりでいろんなワインを開けているhanawineですが、今日もまた面白そうな、個性的でおいしいワインが開いています。

まずはジャン・マルク・ブリニョ/アルボワ・プルサール・プレファス04

b0082744_1536387.jpg

グラスに鼻を近づける前から、モワンと香り立つ個性的な(きわどい?)香り。たしかに苦手な人は苦手かもしれませんが、その香りの奥にある、滑らかな質感と緻密なエキス感はちょっと比類のないほど。飲みこんだあとはジワ~ッと身体のなかを駆け巡り、ほっこりと軽やかな余韻を残してくれます。

いろいろ言葉にするよりも、まずは飲んで、感じて、体験してほしい一杯。
ただ残念ながら一本しかありません。グラスワインのみの提供です。

そしてドメーヌ・ミシェル・ゴヌー/ブルゴーニュ・ルージュ01

b0082744_15362263.jpg

色調は薄めで、ひっそりと赤系果実の香り、樹木の香り、深遠なスパイス等々。よく熟成したブルゴーニュに感じられる、贅肉のない複雑な芳香。口に含むとまだタンニンの強さが残りますが、よく練れていてキメが細かく、酸味が下支えする、食事のためのワインといった印象。派手さはないけど質実剛健な、縁の下の力持ち。

b0082744_15365121.jpg

こちらは01の他にもブルゴーニュ・ルージュ96、ボーヌ・ルージュ99がございます。
熟成したブルゴーニュの妙味、深遠な世界をぜひ、体験してみてください!
ドメーヌ・ミシェル・ゴヌーの商品ページへ

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!ブルゴーニュのワインもいろいろございます。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-25 15:37 | 新着レポート
【2/27(土)】有料試飲会実施します。テーマは「エリオ・アルターレを利く」
今週土曜日の有料試飲会は、特別バージョンにて行います。
3グラス(40mlづつ)で前売り2,000円、当日2,200円。その中身とは・・・、

バローロの夢見る革命家「エリオ・アルターレ」のドルチェット・ダルバ2008、バルベーラ・ダルバ2008、そして、バローロ2005年。

b0082744_1645830.jpg

エリオ・アルターレのワインを一度に飲み比べられる、またとないチャンスです。とくにバローロ2005は生産量も少なく市場でなかなか見かけませんし、お値段も1万円を超える高根の花。個人的にも楽しみな企画です!

<エリオ・アルターレ> 詳しくはこちら(読売オンライン)
モダン・バローロの旗手。かつては“王のワイン”と称されながら、渋くて酸化してて若いうちには飲みにくかったバローロを、「どうやったら美味しくできるか」考え抜き、試行錯誤しながら改革を推し進めた立役者。昔のやり方に固執する父親との不和を乗り越え、自らの信念に沿って「今飲んで楽しめ、いつ飲んでもおいしいワイン」を追求する、誇り高き農民。

b0082744_1652257.jpg

★エリオ・アルターレ/ドルチェット・ダルバ2008
3,101円(税込)

果皮を漬け込んだまま2~3日、ステンレスタンク内で温度管理をしながら発酵。古樽で3週間ほどの短い熟成ののち、ステンレスタンクで10ヶ月間熟成。丹念に育てたブドウから丁寧に造られるワインは、気品があり、優雅で親しみやすい、アルターレらしい作品に仕上がっています。

★エリオ・アルターレ/バルベーラ・ダルバ2008
3,683円(税込)

果皮を漬け込んだまま4~5日、ステンレスタンク内で温度管理をしながら発酵。古樽で5-6ヶ月間熟成。見事な凝縮感がありながら、柔らかいテクスチャーをも表現した、珠玉のバルベーラ。

★エリオ・アルターレ/バローロ2005
11,436円(税込)

平均生産量:12,000本、醸造:果皮を漬け込んだまま4~5日、ステンレスタンク内で温度管理をしながら発酵。樽で(新樽20%)で24ヶ月間熟成。気品があり、旨みの詰まった、現代バローロを代表するアルターレらしい優品。渾身のバローロ。

この機会にぜひ、味わってみてください!
みなさまのご参加、お待ちしております!

【先着16名様限定】にて、ご予約を承ります。詳細は下記の通り。

日時:2/27(土) 13:00~16:30
場所:hanawine店頭
内容:3種類のワインを40mlづつ
会費:
前日までにお申込みの方は
2,000円
当日お申込みの方は
2,200円

*グラスは3脚ご用意します。
*試飲の際には食事等の用意はございません。17時からの提供となります。
*当日ワイン購入の方には、ポイント2倍サービス!
(その場で入会も可)


どうぞお気軽にご参加ください。

事前のお申込み・お問合せはhanawineまで
082-222-6687
e87@hanawine.com

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!イタリアワインもいろいろございます。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-24 16:08 | 試飲会情報
【鮨・島久】お鮨屋さんでワインを飲もう!
小脇にワインを一本抱え、2月17日(水)にオープンしたばかりの「鮨・島久(しまきゅう)」さんへ。
hanawineでワインを購入いただくと、プラス1,000円で持込みができます!
そこで、この日選んだのは・・、

b0082744_1716420.jpg

アルザスはミットナット・フレールの「キュヴェ・ギョタク」

「お寿司に本当に合うワインは何か?」をテーマに、赤坂のレストランで長年シェフを務めていた元プロの由佳さんと、夫のクリストフとで研究を重ねた末に生まれた、アルザス貴品種によるブレンドワイン。魚拓を施したエチケットも、お寿司屋さんのカウンターによく馴染みます。

まずはオツマミものをいくつか。エビとタコの酢の物、合鴨のローストをいただきつつワインを一杯。優しく横に広がる酸があって酢の物との相性はいいですし、合鴨の旨みにも負けないしっかりとしたコクも。飲むほどに食欲が湧いてくるような、嬉しい一杯。

b0082744_17163498.jpg

お鮨はお任せでも注文できるのですが、今日は気分で好きなものを少しずつ。
アナゴ、ヒラメ、甘エビ、蝦蛄、サヨリ。シャリも小さめの一口サイズで、酢飯とワインの相性も上々。ネットリとした旨みのサヨリや、噛むほどに味が染み出るヒラメをいただきつつ、ワインを口に含んでみると、違和感なく、面白いようにグラスがすすみます。

b0082744_17165846.jpg

サクッと香ばしい天ぷらもいただきつつ、時間が経って香りが開いてきたワインをもう一杯。いいですねえ、塩だけで食べる天ぷらと、アルザスの白ワイン。思わず顔がほころぶのを禁じえません。

b0082744_17172693.jpg

このほかにもオツマミメニューは割と豊富ですので、大人数でいろいろシェアするのも楽しそう。お店にも5種類くらい、スパークリングと白ワインをご用意していますが、自分で選びたい方はぜひhanawineまでお越しください。「鮨・島久」さんとは目と鼻の先です。

お鮨屋さんでワインを飲もう!きっと新しい、面白い発見があると思います。
穴子やしめサバをつまみつつ、持ち寄りのワインでワイン貝、じゃなくてワイン会。
ぜひご利用ください!

鮨・島久(しまきゅう)
中区上八丁堀5-2 K.Mビル101号 (hanawineから徒歩15秒です)
TEL:082-222-3263
営業時間:11:00-14:00 17:00-23:00
定休日:不定休
*hanawineで購入いただいたワインは、プラス1,000円で持込みできます!

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!お鮨にもあう四恩醸造のワインたち!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-22 17:19 | お店紹介
【今年は来るかも】hanawineの今イチオシ、スペイン☆ワインセット
去年からいろいろと探し続けてきたスペインワインですが、ようやく「これは!」というものに巡り合えました。
そこで、

スペイン☆ワインセット 6本で10,000円!

を販売します!

b0082744_20234268.jpg

すっきりとした辛口ながら味わいのある、海が見えるようなマンサニージャのシェリー。
キリッとしたミネラル感が心地よい、フレッシュハーブの香りがするガルナチャ・ビオニエ。
青リンゴ、ミント、ほのかに白い花。柑橘系の余韻が気持ちイイ、マカベオのワイン。
みずみずしい凝縮感、地中海沿岸北部で造られるラッチ・デ・ライム・ティント。
パワフルな黒系果実、スパイシーな余韻。フミージャのモナストレル。
リオハより北方地域に植わる地品種、グラシアーノを優雅に表現したボデガス・ゲルベンス。

以上、シェリー酒1、白ワイン2、赤ワイン3の合計6本セットとなります。

数量に限りがございますので、ご希望の方はどうぞお早めに。
ネットショップでのご注文も可能です。
b0082744_202489.jpg


その他にも美味しいスペインワインがいろいろと入ってきています。
みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!四恩醸造のワインもございます。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-20 20:25 | ワインセット
【新入荷】エ・アロー!
b0082744_1901264.jpg

一度見たら忘れられない、印象的なラベル。
シャープな酸がほとばしる、フレッシュでミネラリィな個性的な味わい。

新井順子さんがフランスはロワールで造る白ワイン、ソーヴィニヨン・ブラン2007。
今年はVdTとして、Et Alors!(エ・アロー)という名前でリリースされました。

2006年にくらべるとややこじんまりとした出来ですが、香りは柑橘系がムンムンと香る豊潤なもの。
造り手の新井順子さんも「これがミレジムなんだ・・・。」と少々落胆気味ですが、でもそれこそ農産物の証「いい年」「悪い年」という価値観だけではなく、その年の個性として、テロワールに想いを馳せながら味わってみるのも、ワインの楽しみ方の一つではないでしょうか。

お値段も、いつものボワ・ルカ・ソーヴィニヨンブランより下がっていますし、溌剌としたフレッシュな酸が特徴なので、よく冷やしてキュッと飲む向きには絶好だと思います。

b0082744_1902135.jpg

ちなみにEt Alors!(エ・アロー)とは、フランス語で「だから何かしら?」という意味だそうで。
ぜひ、お試しを!
メーヌ・デ・ボワルカ/VdT白・ソーヴィニヨン・ブラン “エ・アロー!” 2007

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!四恩醸造のワインもございます。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-19 19:02 | 新着レポート
【四恩醸造】小林剛士さんが来広!食べて飲んで語った一日
「ポキュッ!!」
小気味いい音を立ててスクリューキャップをひねると、芳しい香りがほんのりと。
グラスに注ぎ、食卓に並べて、みんなが集まればあとは飲むだけ、食べるだけ。
だって、ワインは、楽しい時間をともに過ごすためにあるのだから・・・。

b0082744_17275032.jpg

2月16日、広島。レストランLecocoにて、四恩醸造の小林剛士さん(通称:ツヨポン)を迎えてのメーカーズ・ディナーが開催されました。いや、正確にいうと「楽しい飲み会」が近いかもしれません。

b0082744_17282258.jpg

でも、ものすごく気合の入った飲み会でした。ルココの浅田シェフは事前にワインを試飲して、そこから想像を膨らませ、素材を吟味し、試行錯誤を重ねながら、真っ白なお皿に、素敵なお料理の数々を、想いを込めて散りばめてくださいました。

b0082744_17283193.jpg

手作りの温かさがこもるお料理には、やはり手作りのワインを。活き活きとした発泡性のワイン、山梨の巨峰から造られたクレマチス・ロゼで乾杯し、白ワイン、というより橙色をした、ローズへと続きます。

b0082744_17291457.jpg

「ファミレスのようにキッチリと計算通りに仕上がる、いつ食べても同じ、安定した美味しさのお料理よりも、田舎の食堂に行って、どんなのが出てくるのか分からない方が、ワクワクしませんか?」

まさにその通り。今風のおにいちゃん的なツヨポンさんが、軽妙なトークで場を盛り上げてくれるなか、しっかりとエキスの乗った、でも優しくて柔らかいワインを一口飲めば、畑での大変な作業と、醸造場でのそれこそ身を削るような労働を想像してしまうのですが、造り手のツヨポンさんはそんな苦労など感じさせない、自然体で明るいキャラクター。

だって、ワインは、楽しむためにあるのだから・・・。

「みなさん、食卓での食事時間を、せめて2時間とりましょう!そうしたら世の中もっと平和になりますから。」

はやりの“食育”とか、“スローフード”とか、そんな言葉遊び・スローガンを飛び越えた、もっと根源的な、私たちの生活に根ざした提案。ワインを飲むことの意味を、あらためて考えさせられる一言でした。いや、考えちゃだめ!楽しまなきゃ!と言われそうですが・・(笑)

b0082744_17301984.jpg

でも、小林剛士さんはすごくいろんなことを考えていて、ただワイン造りに携わっているだけではなく、農業全体、生き方みたいなものまでいろいろ考えを巡らせたうえで、それで今の四恩醸造のワインがあるんじゃないか、と私は思っています。みずからを「百姓」と名乗っていますが、その立場で「出来ること」「すべきこと」を、自然サイクルのなかで、純粋無垢に、ブドウ栽培やワイン造りの中で表現しているんじゃないかと。

料理に寄り添う、食卓にあって楽しめるワインを。「自分の造りたいワイン」ではなく、「多くの人が飲んで楽しめるようなワイン」を。その言葉が、いい意味で肩の力が抜けた、自然体な小林剛士さんを表しているような気がします。

それぞれのワインとお料理の相性?それは参加された方々が個々に感じられたと思いますし、ここで一つ一つ解説するよりも・・。一期一会ということにしておきましょう。

ぜひ、四恩醸造のワインを食卓にのっけて、2時間とは言わなくても、ゆっくりと、家族や友人と食事を楽しんでいただければと思います。そうすることがきっと、造り手への最大の賛辞・感謝になると思います。

b0082744_17304015.jpg

会が終わった後は、疲れを吹き飛ばすかのような乾杯で二次会がスタート。
明け方近くまで続く、それはもう濃厚な「飲み会」となりました・・・。

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!四恩醸造のワインもございます。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-18 17:38 | イベント情報
ロゼワインが来るかも!
ずらりと並んだ7種類ものロゼワイン。
すっきりとした辛口のものから、コクのある、赤ワイン顔負けのものまでいろいろ。

b0082744_19594266.jpg

「ロゼって、ちょっと甘くて飲み易いだけのワインでしょ?」
そんな認識はもう、過去のものかもしれません。

中華料理やエスニック料理、もちろん毎日の家庭料理にも。日本の食卓にロゼワインがあまり並んでいない現状は、ちょっともったいない気がします。

ヨーロッパやアメリカでは、ロゼワインの人気が年々上昇中だとか・・。
日本でも、いまやワインは特別なものではなくなり、普通に食卓で楽しむ「うまいもの」の一つに。
それならば、気軽に飲めるロゼワインが、もっともっと来そうな気がします!

b0082744_2014780.jpg

まずは3月4月のお花見シーズンですね。
お外で飲むロゼワイン、最高に旨いですよ~!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-17 20:02 | 試飲レポート
アルト・アディジェから、醸造責任者が来店!
忙しい畑仕事の合間を縫うように、1~2月はワインの造り手さんたちがワインショップやレストランにいらっしゃってくれていますが、今日はなんと北イタリアはアルト・アディジェから、カンティーナ・ボルツァーノの醸造責任者ステファン・フィリッピさんが来店されました!

b0082744_194664.jpg

とにかく背が高い大きな人。ごつごつとした大きな手からは畑仕事の大変さがうかがえますし、声も太くよく通ります。イタリア人というよりドイツ人のような、生真面目そうな職人肌、という印象もありますが、時折見せる柔和な笑顔がなんともチャーミング。旨いもん造ってそうなお顔してます(笑)

b0082744_19463073.jpg

カンティーナ・ボルツァーノにつきましては、詳しくはこちらをどうぞ。かいつまんで言うと、高い向上心を持った品質志向の会員が集まった、革新的な協同組合といったところ。アルトアディジェらしい、凛としたミネラルのある、美味しいワインを一生懸命造っています。

広島に来てお昼は牡蠣を召し上がったとのこと。「ボルツァーノのピノ・ブランとすごく合います。美味しいですね!」とご満悦の様子。それはたしかに、めちゃくちゃ美味しそうな気がします。

わずか30分近くの滞在でしたが、高品質なワインを造る大変さや、日々の暮らしや街の様子、そしてアルト・アディジェの農業の現状についてなど、いろいろとお話を聞かせてもらいました。

b0082744_1947031.jpg

また、ワインボトルにサインもしていただいています。普通に売っていますので、ご興味のある方はぜひご来店ください!hanawineカウンターでも、今週はボルツァーノのワインを数種類お出ししています。

みなさまのご来店、心よりお待ちしています。

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!北イタリアのワインも大好きです。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-15 19:47 | おすすめ
【リニューアル】よりどりみどりセットが、さらに増えました!
週末を中心にまとめ買いをしたい方に人気な

「よりどりみどりセット」
 3本 2,980円
 6本 5,780円
12本10,980円


ですが、さらにもうワンランク上の「よりどりみどりセット」を設定いたしました。
こちらは、

2本で2,980円

1本当たり1,500円から1,680円までの、デイリーにしてはちょっと特別なワインが、2本おまとめいただくことでずいぶんお得にゲットできちゃいます!

週末のとっておきワインや、パーティーへの持込みワイン、大切な人への贈り物などにも。
味わいのバラエティも豊富ですし、きっとあなた好みの一本を見つけることができるはず。

大人気の定番カバから、フランスのピノ・ノワール、自然派のローヌ、イタリアのしっかり系サンジョヴェーゼまで多種多様。さらに商品は常に回転し、新作なども随時入ってきますので、いろいろとお得に、飽きることなく、お楽しみいただけると思います。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
2月もどうぞ、おいしいワインをたくさん飲みましょう!楽しみましょう!

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!ブルゴーニュワインもいろいろございます。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-13 20:45 | おすすめ
【2.13(土)】有料試飲会実施します!テーマは「新着ブルゴーニュ赤飲み比べ」
今週末の土曜日は、いつも通り「有料試飲会」を行います。
テーマはズバリ、個人的にも気になる、

「新着ブルゴーニュの赤ワイン、
3人の造り手の飲み比べ」


です!

ハマればハマるほどその奥深い魅力にとりつかれ、抜け出せなくなる、ピノ・ノワールの世界。地図を見ながら畑を語り、ヴィンテージに想いを馳せ、ひいきの造り手について熱弁をふるうなど、ピノ・ノワールに魅せられていく人を、これまで何人も見てきました。そんな奥深い世界の一端を、まずは造り手にスポットをあてて、覗いてみませんか。

今回は下記の3本をご用意いたします。

b0082744_2045045.jpg

★ルイ・シュニュ/ブルゴーニュ・ルージュ 2007 (サヴィニー・レ・ボーヌ)
2,617円(税込)

広報・販売を担当するジュリエッ・シュニュ(姉)と、栽培・醸造を担当するキャロリーヌ・シュニュ(妹)の姉妹により運営されているドメーヌ。お父さんから受け継いだ古樹畑を大切にし、真剣なリュット・レゾネ栽培による心を込めた畑仕事をする一方で、醸造はできるだけ手をかけず、「美味しいぶどうが自然に美味しいワインになってくれるのを手助け」します。「私達は小さなドメーヌなので、畑で働く時間がたっぷりとれます。娘を心から愛していますが、同様の愛情をぶどうにも感じています。栽培もワイン造りも、本当に楽しい」と語るのは、2人の小さい娘さんの育児とワイン造りを見事に両立させているキャロリーヌ・シュニュ。

★ドメーヌ・ジャン・フルニエ/ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2007 (マルサネ)
2,799円(税込)

ドメーヌ・ジャン・フルニエの名は、ルイ13世(1610年~1643年ぐらい)の時代にまで遡ることができます。現在は、実直で才気溢れる青年、ローラン・フルニエが栽培から醸造までを全て管理、ブルゴーニュ古来の自然な栽培・醸造法を心がけ、1993年より既にリュット・レゾネを行っていた畑にビオロジーを導入し、少しづつ広げ、現在は100%ビオロジックへ転換しています。ワインはAOCマルサネ・ロゼの畑の区画から造られており、樹齢はおよそ40年以上、しっかりとしたミネラル分が表現されています。

★ドメーヌ・シュヴロ/ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2008 (マランジェ)
2,699円(税込)

ボーヌの国立農業・醸造職業学校(CFPPA)にて、非常勤講師として醸造学を教えている、長男のパブロが醸造を担当。パブロの妻かおりは、航空会社在籍中にシニア・ソムリエの資格を取得し、さらにワイン研究のためボルドー大学醸造学部に留学。その後パブロと結婚し、2004年にアンジェロ大地を出産。現在は主にドメーヌ・シュヴロの輸出業務を担当しています。 ピノ・ノワールのブドウは、マランジュと対岸の美しいテロワールから産出され、程よいタンニンを背景に、滑らかでとても新鮮。2007 年に比べ、より果実味が豊かでスミレの花やイチゴやベリーの果実を感じることができます。


三人の造り手ですが、いずれも「自然環境に配慮したリュット・レゾネ(減農薬栽培)」を実践し、醸造も「極力手をかけない自然な造り」とのこと。まあ、このあたりのことは最近の流れでは常識化しつつありますし、今さら「ビオ」とか「自然派」などとカテゴライズするつもりもありません。

大事なのは、そういった「手法」による差異が、ワインの中にどのように反映されているのか、あるいは土地のテロワール・造り手の個性はどのように表現されているのか?ということではないでしょうか。そしてもちろん「旨いのか、旨くないのか。」とにかく、色々興味は尽きません。ちょうど3人がマルサネ、サヴィニー・レ・ボーヌ、マランジェと北・中・南に分かれてるのも面白いかと。

やっぱり美味しいかどうか、自分が好きと思うかどうかは、飲んでみないと分かりませんからね。
ぜひ、これをきっかけに、ブルゴーニュの深く、魅力的な世界を覗いていただければと思います。

みなさまのご参加、お待ちしております!

【先着12名様限定】にて、ご予約を承ります。詳細は下記の通り。

日時:2/13(土) 13:00~16:30
場所:hanawine店頭
内容:3種類のワインを50mlづつ
会費:
前日までにお申込みの方は
1,000円
当日お申込みの方は
1,200円

*グラスは3脚ご用意します。
*試飲の際には食事等の用意はございません。17時からの提供となります。
*当日ワイン購入の方には、ポイント2倍サービス!
(その場で入会も可)


どうぞお気軽にご参加ください。

事前のお申込み・お問合せはhanawineまで
082-222-6687
e87@hanawine.com

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!ブルゴーニュワインもいろいろございます。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-09 20:07 | 試飲会情報
スタッフのおすすめコーナー
2月に入り、ほんの少しだけ売場を変えてみました。
いつもの「よりどりみどりコーナー!3本2,980円」は棚に移して、空いたところに9種類のワインを。
店長とスタッフ3人が選ぶ、今月のおすすめワインです!

b0082744_18224459.jpg

三者三様、いろんな思い入れがあるワインを3本づつピックアップ。太陽を感じさせるタップリとした果実味が魅力の南仏赤ワインに、イタリアのトロピカルな辛口白ワイン、そして大好きな造り手、ティエリー・ピュズラの2009年新作ワイン。自信をもってオススメしたい、今がもっとも旬の9本が集まりました。

b0082744_1823424.jpg

それぞれのワインには簡単なコメントがついていますし、スタッフに聞いていただければもっと細かく、深く、お話させていただきます。1,000円から2,000円程度のワインですが、しっかりとした個性のある、選び抜かれたワインたち。これを飲めば、今のhanawineのおおよその嗜好がわかるといっても過言ではありません

さらに今週末はヴァレンタインデー、プレゼントにもぴったりのワインをたくさんご用意いたしました。また可愛らしいラッピングも承っております。

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。
ありがとうございました。
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-08 18:24 | おすすめ
【今が旬】牡蠣にシャンパン!!白ワイン!!
いよいよ牡蠣のシーズン真っただ中。お昼御飯でも「カキフライ定食」という文字にピクリと反応するのですが、カキ鍋、カキバター焼き、焼き牡蠣とほんっとに美味しいですよね。こないだ居酒屋で食べた「牡蠣の味噌朴葉焼き」というのも、香ばしくてお酒がすすむ旨さでした。

広島は牡蠣の名産地ということもあり、この時期はとくに食卓にのぼる機会も多いと思うのですが、せっかくの旬の牡蠣をもっと楽しみたいところ!そこでワイン屋としては、

「牡蠣にシャンパン!!白ワイン!!」

を提案したいと思います。

b0082744_19573016.jpg

なかでもオススメなのが、新入荷のシャンパーニュ、ムータルディエ。最近始動したばかりのインポーター「W」の若槻さんが見つけ出してきた、ピノ・ムニエ主体のふっくらとしたシャンパーニュ。柔らかく、繊細で、心地よい余韻がじんわりと。焼き牡蠣にレモンを搾り、パクッと頬張ったあとに飲めば・・・、そりゃあもう堪えられません(笑)

牡蠣のバター焼きなんてのには、アルザスはジュリアン・メイエのメール・エ・コキヤージュはいかがでしょう。辛口だけどしっかりとしたコクもあり、主張しすぎない後味は、牡蠣の旨みを優しく包み込んでくれます。

他にもいろいろオススメはありますが、味噌を使ったものにはドライシェリーも面白そう。独特の苦みがある日本の甲州も、全般的に相性がいいように思います。

「牡蠣にシャンパン!!白ワイン!!」
ぜひ、お試しください!
<参考:広島かき祭りカレンダー>

hanawine*ハナワイン ネットショップ営業中!牡蠣にあうワインいろいろあります!
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-05 19:59 | おすすめ
【舞浜の地ビール】ヴァレンタイン・スタウト、あります!
焦がしたようなカラメルフレーバーと、じんわり染み込むロースト麦芽の旨み。
のど越しではなく、香りを楽しみ、舌全体で味わう、珠玉のスタウト。

舞浜の地ビール、ハーヴェスト・ムーンから季節限定ビールが届きました!
2月14日にあわせて、その名もズバリ

「ヴァレンタイン・スタウト」 550円(税込)

b0082744_19444893.jpg

ピンクのラベルに可愛らしいハートのマークをあしらった、プレゼントにも最適な330mlボトル
ビターなチョコレートを思わせるフレーバーと、約7%のアルコールが醸し出すリッチな味わい。お料理はもちろん、チョコレートとの組合せも楽しめます!

泡はきめ細かく、程よい苦みを含んだ、ワイン好きの方にもおすすめな味わい深いビール。寒い冬にもピッタリではないでしょうか。

b0082744_19451011.jpg

期間限定、在庫限りの販売となります
贈り物や、ちょっと贅沢な晩酌にぜひどうぞ!

「ヴァレンタイン・スタウト」 550円(税込)
[PR]


広島ブログランキングに参加しています。
記事がお役に立てましたら、クリックお願いします。
広島ブログ

# by hanawinehiromi | 2010-02-04 19:49 | おすすめ